現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボルボ、LAモーターショー2018で車両展示せず 代わりに「ビジョン」発表

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.22

ボルボ、LAモーターショー2018で車両展示せず 代わりに「ビジョン」発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ボルボ、クルマを展示せず
ー 代わりに何を展示する?

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

ボルボ、クルマを展示せず

ボルボは2018年11月26日から29日にロサンゼルスで開催されるLAモーターショー2018で、世界で初めて、ブースに1台の車両も展示せずに出展する。

ボルボは「代わりに、自社のビジョンを示し、自動車の新しい可能性を再定義します」とコメントを残している。

「モーターショーが始まって以来、主役は常に自動車であり、常にステージの中心でターンテーブルの上に載せられているか、あるいはシルクのヴェールに覆われていました。しかし、自動車は変化し、自動車業界も変化し、クルマを使うひとびとの期待も変化しています。LAモーターショー2018でのボルボは、こうした変化を反映したものとなります」とも。

現在、消費者が自動車のブランドをどのように体験するかは、クロームが輝く外観やレザー素材の内装、あるいはエンジンの最高出力よりも重要だとボルボは主張する。

「主催者はこのショーを『オートモビリティLA』と呼ぶことで自動車業界における変革を、すでに認識していることでしょう」と、ボルボ企業戦略担当上級副社長のマーテン・レーヴェンスタムは語る。

「わたしたちは主催者のこの名前の変更に対する思いを理解しており、自動車の未来について対話を始めたいと考えています。ですから、コンセプトカーを持ってくる代わりに自動車のコンセプトについてお話しします」

「今年、ボルボが『カー・オブ・ザ・ショー』を受賞することはないでしょうが、それでも問題ありません。なぜなら、もはやこのショーは『モーターショー』ではないからです」

代わりに何を展示する?

主張とともに、ボルボは、「イン・カー・デリバリー」、「カー・シェアリング」、コンセプトカーのボルボ360cコンセプトで示した自動運転のビジョン、およびボルボのサブスクリプション・サービスである「ケア・バイ・ボルボ」など、さまざまなコネクティビティ・サービスに関するインタラクティブな展示物を多く展示するという。

「わたしたちの業界は変化しています。わたしたちは単に自動車を製造して販売しているのではなく、ひとりひとりのお客様に、持続可能で、安全な、移動の自由を提供しなければなりません」

「わたしたちは、お客様が望めばいつでもどこでも自動車にアクセスができるような新しい魅力的なサービスを提供できるようにします」と、ボルボ・カー・グループ代表取締役社長兼CEOのホーカン・サムエルソンは語った。

ボルボは、戦略的パートナーシップの力を信じており、アマゾン、グーグル、エヌビディアのようなテクノロジー企業や、ルミナー、ゼヌイティなどのベンチャー企業と共に、新しいタイプの革新的なパートナーシップを推進している。

ボルボは、将来のための新たな事業目的として、ひとりひとりのために、持続可能で、安全な移動の自由を提供することを定めている。

ボルボは今後2020年代中盤を目安に、1年間に販売する車両の半分を完全な電気自動車に、また1/3を自動運転車にし、500万人以上の消費者とのダイレクトな関係を確立する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します