現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱デリカD:5新型、先代との違いは? きょう予約開始 予定価格、約385~425万円

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.21

三菱デリカD:5新型、先代との違いは? きょう予約開始 予定価格、約385~425万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 新型デリカD:5、どう変わった?
ー エクステリアの特徴
ー インテリアの特徴
ー 走破性能
ー 「デリカD:5 URBAN GEAR(アーバンギア)」
ー 予防安全技術の採用

    『三菱デリカD:5新型』すべての画像をみる

新型デリカD:5、どう変わった?

三菱は、2018年度内に発売を計画しているオールラウンドミニバン「新型デリカD:5(ディーファイブ)」を、東京オートサロン2019に参考出品する。

また、11月21日(水)から全国の系列販売会社にて予約注文を受付開始。車両本体のメーカー希望小売価格(予定)は約385万円~約425万円(消費税込)となる。

三菱は「フロントデザインコンセプト『ダイナミックシールド』やマルチLEDヘッドライトを採用し、一目で新型「デリカD:5」とわかる特徴的なエクステリアとしました」とコメントする。

また、インストゥルメントパネルも機能性と上質さをコンセプトに刷新したという。加えて、予防安全技術「eアシスト」を装備して安全性を向上させた。パワートレインは、クリーンディーゼルエンジンと新開発の8速スポーツモードATを組み合わせる。

さらに、都会的なデザインを求めるカスタマーに向けて、「デリカD:5URBANGEAR(アーバンギア)」を新規設定した。

以下で詳しくみていこう。

エクステリアの特徴

三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」とマルチLEDヘッドライトを採用し、一目で新型「デリカD:5」とわかる、特徴的で上質なデザインを目指したという。

リアコンビネーションランプはリアゲートガーニッシュと連続性を持たせ、ワイド感や安定感を表現したそうだ。また、テールランプを最外側まで光らせている。

ボディカラーは「エメラルドブラックパール」を新規開発、歴代「デリカ」が採用してきたグリーンを継承、2トーンの「エメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリック」がテーマカラーとなった。

インテリアの特徴

インストゥルメントパネルのデザインを一新、運転しやすくダイナミックな直線基調で構成されたインストゥルメントパネルを基本とする。

三菱は「生命力あふれる力強いサバ杢(原木が二又にわかれるサバ部分)柄の立体木目を採用し、オールラウンドミニバンとしての機能性と上質さを兼ね備えました」と説明。

三菱のインストゥルメントパネルに採りいれている、水平基調の「ホリゾンタル・アクシス」というコンセプトに基づき、走行時に車体姿勢が掴みやすく、ワイド感に寄与するインストゥルメントパネルとしたという。

また、「ステッチを施したソフトパッドや削り出しの金属が持つ重厚なイメージのセレクトモードダイヤル、立体盤面によるメーターデザインなど、見て触って感じるしっかり感と上質さを各所に盛り込みました」とのこと。

シート生地は、動きのある幾何学柄で力強さと躍動感を表現し、凹凸のあるラミ付エンボスを施し、丈夫で上質な仕立てとしているそうだ。

メーカーオプションの本革シートは、ダイヤキルティングを大胆に施し、力強さとオーセンティックな高級感を演出したという。

走破性能

2.2ℓのクリーンディーゼルエンジンと新開発の8速スポーツモードATの組み合わせにより、よりパワフル且つ静かで滑らかな走りへと進化。

電子制御4WDでは、新たにヨーレイトフィードバック制御を追加することで、車両の旋回運動を的確に判断し、ドライバーのハンドル操作に忠実な車両挙動を実現するという。

また、ディーゼルエンジンの排出ガスをクリーンに浄化する尿素SCRシステムを三菱として初採用しました。アドブルー(高品位尿素水)により、NOx(窒素酸化物)を安定して浄化。

2.2ℓクリーンディーゼルエンジンは、現行車に対し最大トルクを5%アップさせ、ワイドかつクロスレシオ化した8速スポーツモードATと組み合わせることで、燃費と動力性能を向上したという。

電動パワーステアリングを採用、低速時の操舵力を軽減し、取り回し性を向上させたという。またデュアルピニオンタイプにより、初期操舵からのしっかり感を確保すると共に、モーターによる違和感を少なくし、より自然な操舵フィーリングを実現している。

「デリカD:5 URBAN GEAR(アーバンギア)」

洗練されたモダンなイメージの「デリカD:5 URBAN GEAR(アーバンギア)」を新規設定した。

エクステリアは専用デザインのソリッドかつクリーンなフロントメッキグリルと、ワイド感と安定感のあるフロントバンパー、ドアガーニッシュにより、ダイナミックな塊感を表現したという。

また、マフラーの切り欠きを廃したリアバンパーと、洗練されたイメージのリアゲートガーニッシュ(クリア)を採用し、モダンでクリーンなスタイリングを目指したそうだ。

インテリアはバール杢(根の近くの瘤こぶにできる希少価値の高い木目)を再現し、艶の高い青みの黒木目をアクセントに配しました。

予防安全技術の採用

従来からご要望の多かった予防安全技術「eアシスト」を新規採用し、衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)や後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)(BSW/LCA)、後退時車両検知警報システム(RCTA)などにより、安全性を高めた。また遮音材と吸音材の採用箇所を増やすことで、静粛性を大きく向上させたという。

加えて、大画面の「オリジナル10.1型ナビゲーション」を新たにディーラーオプションで設定。
予防安全技術「eアシスト」の内容は以下の通り。

・衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM):前方車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある場合、警報や自動ブレーキで衝突被害を軽減または回避
・車線逸脱警報(LDW):車線を外れそうになると警報で注意を促す
・レーダークルーズコントロールシステム(ACC):認識した先行車の加速/減速/停止に自動追従し、設定した車間距離を保ち、任意に設定した速度を上限に、追従。停止した際は、一定時間停止状態を保持し、全車速域追従
・後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付):高速道路など多車線道路走行時に後側方を並走する車両や隣接車線後方から接近してくる車両を検知。後退時車両検知警報システム(RCTA)では、駐車場から後退して出庫する際、後側方から接近してくる車両や自車後方を横切る車両を検知し、いずれもドアミラーインジケーターと警告音で注意を促す(上級グレードに標準装備、一部グレードにメーカーオプション)

・オートマティック・ハイビーム(AHB):対向車両・前方車両の有無、道路周辺の明るさなどに合わせ、自動でハイビームとロービームを切り替え、夜間の視認性を高める

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • shi*****|2018/11/21 19:24

    違反報告

    フロントのゴージャス感(?)とリアのシンプルさ(っていうか変わり映えしない)の差が大きすぎる。
  • sr2*****|2018/11/21 19:36

    違反報告

    ア○ファードみたいに先行車の目潰し位置にヘッドライト付いてないからいいね。
    カッコいいかは別としてw
  • mio*****|2018/11/21 17:35

    違反報告

    三菱のデザインはイマイチだが、デリカのは特に昔っからヒドイ。
    デリカって、何かおかしなセンスの人が乗ってるイメージ。
    ある意味そこが魅力かもしれない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します