現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォルクスワーゲン フォードとの協力認める 合併は否定

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.20

フォルクスワーゲン フォードとの協力認める 合併は否定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 商用車以外でも協力
ー 低走行ユーザーにはEVが第一選択に

    VWとフォード EVや自動運転技術で協力へ

商用車以外でも協力

フォルクスワーゲン・グループが、フォードと商用車の開発において提携することや、「他の方面での協力」を模索していることを、VWのハーバート・ディエスCEOが認めた。

今月に入ってから、フォルクスワーゲンとフォードの提携についてのうわさが流れていた。ディエスは会見において、商用車開発での協力について「提携の核心」と述べており、「商用車以外での協力の可能性を見出した」とも発言している。

しかし、ディエスはフォードとの完全な合併については「話題に上がったこともない」として否定。

会合において、ディエスは今後5年間にわたってEV、自動運転、コネクテッドカーへの投資を現在の340億ユーロ(4兆3700億円)から440億ユーロ(5兆6600億円)規模へと拡大する方針を示した。これは同社の総支出額の3分の1に相当する。

このうち300億ユーロ(3兆8600億円)は電動モビリティに割り振られ、プラットフォームやパワートレインに加えインフラ整備にも充てられる。

低走行ユーザーにはEVが第一

ディエスCEOは、2020年までに大半のユーザーがEVを選択しない理由が「ほとんどない」と語っている。「年間走行距離が3万km以下のドライバーにとっては、EVが最適な選択肢です」と説明した。

生産効率の向上についても触れ、そのコストを2025年までに30%削減する方針を示している。

フォルクスワーゲンの労使協議会の会長を務めるベルント・オスターローは同社が「車両の生産拠点の近くでバッテリー生産にも参加する」という方針に言及。ディエスはこれに付け加える形で、EVの生産を欧州全体に分散させることは「意味がない」とした。

電動化やフューチャーモビリティに注力する方針を示しながらも、今後数年間は内燃機関も「引き続き重要」であるとの考えを明らかにした。「われわれはNOx排出量を削減したディーゼルエンジンの供給も続けます」とオスターローは明言している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します