現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型アウディRS7 公道テストを目撃 600ps超えに

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.20

新型アウディRS7 公道テストを目撃 600ps超えに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー プロトタイプを公道テスト
ー 0-100km/h加速は3.5秒

    新型アウディA7スポーツバックに試乗 A8との関係、2018年型の評価は

プロトタイプを公道テスト

アウディは2019年に発売予定の次期型RS7スポーツバックを開発中だ。このフラッグシップ5ドアクーペは600ps超えとなる見込みである。

今回、ドイツの公道でプロトタイプのテストを行う模様が目撃されている。フロントの大型エアインテークや大径ホイール、さらにリアの楕円形ツインエグゾーストなど、他のアウディRSシリーズと同様のスタイリングを確認できる。

RS7スポーツバックはドイツ・ネッカーズルム工場でRS6アバントなどとともに生産される予定だ。エンジンは、ポルシェ・パナメーラ・ターボやランボルギーニ・ウルスなどにも使われる最新の4.0ℓV8ツインターボ。

613psを発生し、先代RS7を54ps、RS7パフォーマンスを8ps上回る。最大トルクは81.6kg-mに達するという。

0-100km/h加速は3.5秒

この数値はライバルであるBMW M5の608psやメルセデス-AMG E63 Sの612psをやや上回る。ただし、E63 Sの最大トルクは92.9kg-mだ。

先代同様、8速ATと最新のクワトロシステムを介して四輪にパワーを伝達。A7に使われるMLBアーキテクチャーは先代RS7よりも80kg軽量化され、パフォーマンスとハンドリングに貢献している。

結果として0-100km/h加速は3.5秒前後となり、最高速度は306km/hに達する。一方、気筒休止機能の採用により、燃費も向上したとのことだ。

このA7シリーズ最強のRS7登場前に、2019年中盤にはS7が投入される。これには古いV8の代わりにRS4アバントと同じ2.9ℓV6ツインターボが搭載され、450ps程度となるようだ。このエンジンは8気筒のものに比べて大幅に軽く、アジリティや効率性が高められるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します