現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランドローバー・ディスカバリー2019年モデル ドライバー支援充実 40台だけの限定車も

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.16

ランドローバー・ディスカバリー2019年モデル ドライバー支援充実 40台だけの限定車も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11/16~受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、定員7人のフルサイズSUV「ディスカバリー」2019年モデルの受注を開始した。

    新型ランドローバー・イヴォーク 11月中に公開 ティザー第1弾

2019年モデルでは、エマージェンシーブレーキをはじめ、レーンキープアシスト、車線変更時に死角に車両を検出すると逆方向の操舵力をかけるブラインド・スポット・アシスト、360度パーキングエイド、パークアシスト(縦列駐車・出庫/並列駐車支援システム)、サラウンドカメラ、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)など充実したドライバー支援システムを標準装備している。

新たな機能として、制限速度や追い越し禁止の標識をインストルメントクラスターやヘッドアップディスプレイに表示するトラフィックサイン・レコグニション、後部座席の乗員が降車する際に、接近するクルマや自転車を検知して注意を促すクリアエグジット・モニターを追加し標準装備。車線を認識して中央の走行を維持し、時速30km/h以上であれば車線のない道路でも前方車両を追従するステアリングアシスト機能付きACCを、オプションで用意している。

また最上位グレードの「HSEラグジュアリー」は、エクステンデッドレザーを標準装備し、高級感を増した車内空間に仕上げている。

さらに40台だけの限定車も登場した。

限定車ゴウ-アウト・エディション

2019年モデルでは、アクティブなライフスタイルを提案する特別仕様車「ディスカバリー・ゴウ-アウト・エディション」を40台限定で導入する。

ゴウ-アウト・エディションは、フルサイズ7シートの設定をリモートで変更できる「リモート・インテリジェント・シートフォールド」をはじめ、ヒーテッド・ステアリングホイールやヒートシーター、各種キャリアアクセサリーの装着が可能なルーフレールなど、アウトドアでのアクティブなライフスタイルに応える装備が充実した特別仕様車。

室内全体を明るく開放的に演出するパノラミックルーフや500mℓのボトルが4本収納でき、温度を5℃に保つことができるフロントセンターコンソール・クーラーボックスなど、快適性や利便性も兼ね備えている。

エクステリアカラーは、フジホワイト、コリスグレー、ロワールブルーの3色を用意し、インテリアカラーはエボニーで統一した。

ディスカバリー2019年モデルの価格は、下記の通り。

3.0ℓ V6ガソリン・エンジン搭載車

HSE:850万9000円
HSEラグジュアリー:973万3000円

3.0ℓ V6ディーゼル・エンジン搭載車

HSE:870万9000円
HSEラグジュアリー:993万3000円
ゴウ-アウト・エディション(限定40台):949万9000円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します