現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ 中国専用EV「理念VE-1」 広州国際モーターショー

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.16

ホンダ 中国専用EV「理念VE-1」 広州国際モーターショー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国専用に投入する初の量産EV

ホンダは、中国・広州で開催されている2018年広州モーターショーにおいて、中国専用EV「理念VE-1」を世界初公開した。

    実車 トヨタ・カローラ・セダン、日本発売も 広州国際モーターショー

広汽ホンダの自主ブランドモデルである理念VE-1は、本田技研科技(中国)有限公司と広汽本田汽車有限公司との共同開発により、中国専用に投入する初の量産EV。

ホンダのコンパクトSUVプラットフォームをベースに、高効率なEVユニットを高いパッケージング技術でレイアウトすることにより、クラストップレベルの室内空間を実現。また、大容量バッテリーを床下に配置することによる低重心化や、サスペンションの最適化などにより、高い走行安定性を発揮する。

53.6kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、340km(NEDCモード)の航続を可能とした最高出力163ps、最大トルク28.6kg-mを発生するパワートレインは、パワーやトルクの緻密な制御による3つの走行モードを備え、「スポーツEV」として意のままと感じられるようなドライビング性能を実現した。

さらには、ホンダが出資をする中国のカーシェアリング事業会社Reachstar(リーチスター)社のカーシェアリングサービスを通じての活用も、2019年に開始する予定だという。

ホンダは、今後も電動化に向けた商品の拡充を加速させ、中国で2025年までに20機種以上の電動化モデルの投入するとしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します