現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 実車 トヨタ・カローラ・セダン、日本発売も 広州国際モーターショー

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.16

実車 トヨタ・カローラ・セダン、日本発売も 広州国際モーターショー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は2019年中に発売へ

トヨタは、11月16日に開幕した中国の広州国際モーターショーにおいて、新型カローラ・シリーズのセダン(中国名:「カローラ(銀)」および「レビン(赤)」)を世界初披露した。

    トヨタ・カローラ・ツーリング・スポーツ プロトタイプ初試乗

新型モデルは、基本性能を大幅に向上させたGA-Cプラットフォームをベースに、国・地域の特性に応じて、アクティブさを強調したスポーティモデル(北米、中国「レビン」、日本など)と、堂々とした上級感を表現したプレステージモデル(中国「カローラ」、欧州など)の2タイプを設定する。

新型モデルは、2019年春に米国・欧州で販売を開始した後に、2019年央以降に発売する中国など、世界150以上の国・地域で順次発売されるという。

なお、日本においては、スポーティモデルのカローラをベースに、日本の顧客や道路環境に合わせて最適化した専用仕様のセダンおよびワゴンを2019年内に発売するとアナウンスされた。

世界初披露に際して、開発責任者を務めるチーフエンジニア(CE)の小西良樹は「新型モデルは『見てカッコよく、乗って、走って楽しいクルマ』を目指して開発しました。また、クルマ本来の楽しさだけではなく、新たな価値を生み出すつながる機能として『コネクティッド』も拡充することで、世界中のお客様のモビリティライフを豊かにするクルマにしていきたいと考えています。世界中に数多くのお客様がいるカローラシリーズは、トヨタがTNGAの取り組みを通じて進めてきた『もっといいクルマづくり』の成否を占う重要なクルマだと考えています。お客様には、トヨタのクルマづくりが変わったことを必ず実感いただけると確信しています」と語っている。

パワートレイン情報

トヨタは、12代目となる今回のモデルについて、欧州などで展開するハッチバックやワゴンのシリーズ名を「カローラ」に統一し、カローラブランドのさらなる強化を図っていく意向だ。

基本性能においては、プラットフォーム刷新により、上質な走り、乗り心地、静粛性、安全性能などを大きく向上。

エクステリアは、TNGAプラットフォームの採用により、現行型より全高を低く、トレッドを広げることで、踏ん張り感のある低重心でスポーティなシルエットを実現。

インテリアにおいては、薄型インパネによる心地良い開放感のある空間と、センタークラスターなど集約された機能部品とのコントラストにより、上質なデザインを追求する。

新型モデルは、国・地域のカスタマーの特性に応じて、TNGAの新型パワートレイン(2.0ℓダイナミックフォース・エンジン、ダイレクト・シフト-CVT、6速マニュアルほか)など、ニーズに合わせた様々なパワートレインを設定し、走行性能・環境性能を向上させる。加えて、最新のハイブリッド技術を搭載したモデルを新たに90以上の国・地域に投入し、電動車両をグローバルに普及させる重要な役割を担っていくという。また、先進安全装備においても、国・地域に応じて最新のトヨタ・セーフティ・センスの設定を拡充し、より安全なクルマの普及を推進する役割を担っていく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します