現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランドローバー、新型レンジローバーイヴォークを予告。ワイヤーでデザインを表現

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.15

ランドローバー、新型レンジローバーイヴォークを予告。ワイヤーでデザインを表現

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英ランドローバーは、コンパクトSUV「レンジローバーイヴォーク」の次期モデルの登場を予告するPRを開始した。

スタイリッシュなSUVを送り出すランドローバーらしく、その予告の仕方はとてもユニーク。次期型の輪郭をワイヤーを使ってフルスケールで再現し、ロンドン中心地であるケンジントン・アンド・チェルシー区のブティック街など4カ所で展示を開始したのだ。これなら通りを歩く人から注目を集めるのは間違いないだろう。

    新型レンジローバー イヴォークが世界初公開。ほぼすべてのパーツを一新 価格は約460万円から

レンジローバーイヴォークといえば、クーペのような後ろ下がりのフォルムや大径タイヤがデザインの特徴。ワイヤーで作られた模型も現行モデルのそうした特徴を受け継いでいることから、次期型もスタイリッシュな形で登場すると予想できる。

次期型のお披露目は、11月22日にロンドンでのワールドプレミアが予定されており、すでに秒読み段階だ。

現行レンジローバーイヴォークは2010年に発表され、斬新なデザインで話題を集めたばかりでなく、全世界で75万台を販売する人気モデルとなった。1週間後の新型の登場に注目が集まる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • lay*****|2018/11/15 19:56

    違反報告

    初代イヴォークを見たときのかっこよさは衝撃でした。(積載量が少なく高価だったので手は出せませんでしたが)

    新型も期待してます!
  • ayn*****|2018/11/15 20:38

    違反報告

    スタイルに惚れて購入を検討した事も有ったが如何せん、2リットルタ-ボで600万円超えは高過ぎ、断念した。しかし、後にCH-Rデザインにも影響を与えた様なフロントフェンダ-張り出し強調デザインは格好が良い。新型にも期待大。
  • toa*****|2018/11/16 00:54

    違反報告

    現行型は(初代)クーペが設定されてたが
    イヴォークはコンバーチブルを出した。
    (過去・三菱のパジェロも3ドアモデルはあったが流石にクーペではなかった)

    次期型はクーペが設定されないらしいからそこは残念。
    運転支援システムや燃費がどうなるか気になるな~

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します