現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ ハイラックス50周年を記念した特別仕様車登場 オーバフェンダーなど専用パーツで武装

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.14

トヨタ ハイラックス50周年を記念した特別仕様車登場 オーバフェンダーなど専用パーツで武装

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ ハイラックスに、生誕50周年を記念した特別仕様車が登場した。Z“ブラック ラリーエディション”と名付けられたそのモデルは、オーバーフェンダーや18インチホイール、専用フロントグリルやバンパーなどを採用したほか、各パーツをブラックで統一し、ハイラックス特有のワイルドな雰囲気がさらに高められている。

内装もステアリングホイールやダッシュボードなどにブラックメタリック加飾が施され、専用オプティトロンメーターも採用。精悍さが強調されている。

    ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた

ハイラックス Z“ブラック ラリーエディション”の価格は394万7000円。

ハイラックスは1968年に初代モデルが登場以来、商用車としての実用性とタフさを追求しながら、進化を遂げてきた。ハイラックスは国内市場のみならず海外でも展開され、初代は米市場では「トヨタ トラック」と呼ばれた。その後、2代目ではホイールベースが異なる2種類が設定されたほか、ATモデルも登場。3代目では4WDモデルが初めて設定された。4代目では4WDモデルをベースにステーションワゴン化した「ハイラックスサーフ」が追加。5代目ではRV色がさらに強められ、国内で“RVブーム”の波に乗って、一躍人気車となった。

6代目ではビシネスユースとパーソナルユースのモデルに2本化され、エンジンや駆動方式、キャブの大きさの違いなど、豊富なバリエーションが用意された。2004年に登場した7代目では日本での生産はなくなり、海外専用車に。しかし2017年9月、ハイラックスを求めるユーザーの声に応えるかたちで、8代目が13年ぶりに国内市場に導入された。

初代の発売以来、ハイラックスは約180の国や地域で販売され、累計販売台数は1730万台を突破。そのタフさと信頼性の高さから世界各地で愛用されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します