現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「クルマを作る工場を作る」会社 独特な秘密/危険とは? モットーも

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.10

「クルマを作る工場を作る」会社 独特な秘密/危険とは? モットーも

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ベック・アンド・ポリッツァーという会社
ー 今後はEVやバッテリー工場に
ー 秘密の多い仕事
ー 危険な仕事はしない
ー B&Pの実績

    ジャガー・ランドローバー スロバキアに新工場 ディスカバリー製造

ベック・アンド・ポリッツァーという会社

もしあなたが世界の自動車産業の状況を知りたいなら、数多くの製造ラインを設置し、世界中の工場を移動させている会社のボスに尋ねるがいい。

「わが社の年間総売り上げは2014年から2倍になりました。2014年に6000万ポンド(88億円)だったのが2018年には1億2000万ポンド(176億円)になったんです」とベック・アンド・ポリッツァーのCEO、アンドリュー・ホグソンはいう。

「この成長の半分は自動車セクターの分です。英国は単独ではわれわれの最大のマーケットですが、この国のにわか景気と関税の見通しのおかげで、米国のカロライナ、ネバダから欧州全土、そしてトルコやインドにまで業務を拡大しています」

ベック・アンド・ポリッツァー。巨大な超重量級可動式クレーンの横にこの名前が書かれているのを見たことがあるかもしれない。例えば、2011年に修理中のカティー・サーク号にマストを再取付したのもB&Pのクレーンだし、2005年には複数台のクレーンを使ってヒースローのターミナル5にエスカレーターとエレベーターを設置した。

1863年にシギスムント・ポリッツァーとジョン・ベックによって創設されて以来、この会社は155年にわたり、ものを持ち上げ、動かし、保管してきたのだ。創業から100年でロンドン、サザクのテムズ河畔には、B&Pのクレーン、埠頭や倉庫が立ち並ぶようになった。

機械や資材を必要とされるところに確実に送り届けるB&Pは、英国の戦後復興の中心にいた。1985年、B&Pは自動車分野に進出し、英国日産に新たなボディプレス部門を設置した。4年後、今度は5000tの日立造船製プレスをローバー・グループのロングブリッジ工場に設置した。

今後はEVやバッテリー工場に

その後20年にわたり、B&Pはほとんどの欧州ならびに日本の自動車メーカーと仕事をしてきた。トヨタがバーナストンに工場を新設したり、BMWがミニ、ローバー75のボディ部門をハムス・ホールに移転したのはB&Pの仕事だ。

もっと最近では、2013年にB&Pはジャガー・ランドローバーに新しい主力の組み立てラインを設置し、北東部にはEVのバッテリー製造ラインを設置した。米国では、大手EV自動車メーカーに新しいバッテリー製造ラインを設置中だ。今後数年間にわたり、B&Pは自動車分野の業務を世界的に拡大する計画である。

「われわれの飯の種はフェイスリフトとモデルチェンジですが、これからは電動のニューモデルということになるでしょう。EV駆動系やバッテリーの工場、それに付随する資材などがわたしたちのビジネスを後押ししてくれると思います」とホグソンはいう。

「世界が内燃機関から電動へと移り変わる中で、サプライチェーン全体が変容していきます。われわれはその中で業務を続けるのです」

ブレグジットの悪夢と暗闇のなかでも、こんな素晴らしいサクセスストーリーが英国にあるなんて心温まる話だ。B&Pには米国からロシアまで18カ国23の事業所に800人の社員と1000人の契約社員がおり、世界中の多くの自動車メーカーと長く良好な関係を維持している。

自動車メーカーのサプライヤー、例えばコモー(生産ラインシステム)、コマツ(プレスおよび板金機器)、アイダ(スタンピングプレス)のような会社とも長く関係を保っており、製造ライン機器の運搬設置を行っている。

秘密の多い仕事

「10mの高さのプレス機の上に150tの『クラウン』を設置するには、われわれのようなごく少数の企業しか持っていない高度なスキルと特殊な装置が必要です」とホグソンはいう。

「現在はロシアでまさにこの業務を行っています。まず最初に古いクラウンを除去しなくてはならないので、余計に複雑なんです」

B&Pのボスに会うのはこれで二回目だ。一回目は数週間前、南ミムズ・サービスステーションでそこに設置してあるテスラのスーパーチャージャーを本誌のために調査しているときだった。米国帰りのホグソンはヒースローからそのまま自分のテスラ・モデルSでやってきた。米国では大手欧州自動車メーカーとカロライナの工場に新しい組み立てラインを設置する契約を取り交わしたばかりだった。

とても興味を持ったわたしは、誰も名前を聞いたことがない英国自動車産業で最大かつ最重要な企業のひとつについて、彼からもっと聞き出そうと約束をしたのだ。

「とてもフラストレーションがたまる仕事です」ダートフォードのB&P本社で会うなり彼はこういう。「自動車メーカーはなかなか手の内を明かしたがらないんです。だから、われわれは特定の契約や顧客について話すことはしません」

これは自動車産業の競争が激しいからだ。「とてもプレッシャーが強い世界で、われわれはサプライヤーと契約者に挟まれて、まさにその世界の中にいるんです」とホグソンはいう。「生産ラインの委託にたった1時間遅れただけで、コストに大きく響くんです」

危険な仕事はしない

「ラインが立ち上がって操業が始まると、多くの場合B&Pのチームはずっとそこに残って、製造機器の変更をできる限り操業を止めずに行うんです」

設置作業は、企業の測量士がレーザー式位置計測器を使用して工場フロアのどの位置に機器を固定するのか正確に位置決めすることから始まる。これで正確な設置テンプレートが出来上がるが、もし工場を移転する必要があるなら、別の場所でも同じことをすることになる。

「当然ながら、われわれはドアのたくさんある工場が好きです」とホグソンはいう。「重要なのは搬入と設置の手順を正しくすることです。巨大なプレス機を組み立てラインの上に持ち上げたりしたくはないでしょう。入り口がたくさんあるほうが自由度が大きくなるんですよ」

世界中にビジネスを展開しているB&Pだが、二の足を踏んでいる地域もまだある。「世界にはビジネスが難しいところがあります」とホグソンはいう。プロジェクト管理者の健康と安全が脅かされるようなところだ。

「われわれのような仕事では、健康と安全面で無理をすることはしません。そのようなときには、どんなクライアントの依頼でも断ります」とホグソンはいう。「怪我する必要はありませんよ」

全面的に賛成である。150tのクラウンがつま先に落ちてくるなんて、考えただけでも卒倒しそうだ。

B&Pの実績

1863年の創設以来、ベック・アンド・ポリッツァーは世界最大でもっとも複雑なプロジェクトで重量物の運搬と設置を担当してきた。

ロンドンオリンピック(1948年)

B&Pはオリンピックで使う装置の多くを運んだ

ジョドレルバンク(1956年)

世界初の大きな電波望遠鏡の送信機を撤去した

英国日産(1985年)

日産ボディプレス部門の第1期設備を完成させた

ウインザー城火災(1992年)

B&Pは複雑な再建築プロジェクトをアシストした

デンソー・コーポレーション(2005年)

この自動車サプライヤーの1500台の製造装置を新しい場所に移した

BASF(2007年)

BASFのビデオカセット製造部門をすべてエジプトに移転させた

ジェネラル・エレクトリック(2009年)

B&Pは350トンのガスタービンと250トンのガス発電機をロシアに設置した

テムズ・ゲートウェイ(2013年)

40基の巨大なドックサイドクレーンを設置した

マドリッド(2017年)

B&Pは最先端の三菱製陽子線治療装置を設置した

LAX(2018年)

B&PはカンタスのためにA380の新しい格納庫を建設する

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します