現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW 1シリーズセダン、中国専用車からグローバルモデルに!? 日本導入は

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.10

BMW 1シリーズセダン、中国専用車からグローバルモデルに!? 日本導入は

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMW『1シリーズセダン』改良新型を、初めてカメラが捉えた。初代である現行モデルは、中国専用として発売。しかしこの改良モデル(BMWはLCIと呼ぶ)から、世界戦略車として登場する可能性があることがわかった。

1シリーズセダンは、2016年に発表、2017年から中国で発売されているが、2018年夏からはメキシコでも販売が開始された。BMWから公式発表はないが、今後さらに市場を広げる計画を持っているようだ。

    新型BMW Z4はトヨタコラボの突然変異。スープラと2択も悩ましい!?

ライバルのメルセデスベンツ『Aクラスセダン』は、一足先に世界市場への投入を発表しており、可能性はある。また、このプロトタイプが撮影されたのがバイエルン・ミュンヘンであり、すでにドイツでは受け入れ体制が整っているようだ。

世界展開へ向けての準備か、エクステリアも刷新される。フロントマスクでは、ヘッドライト、キドニーグリル、エアインテークやバンパーを修正。リアビューではテールライトのグラフィックも変更される。

現行モデルのパワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載する「118i」と2.0リットル直列4気筒ターボエンジンの「120i」、そして高性能モデル「125i」がラインアップされている。グローバルモデルでは、新たなエンジンが新設定されるかもしれない。

ワールドプレミアは2019年のモータショーが予想され、世界展開は2020年以降となる。日本市場投入があるか注目される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • miy*****|2018/11/14 18:15

    違反報告

     自分の一番得意な車を造ると言う欧州自動車会社のオリジンが...
     
     確かに大きさとしては~E36位のの3シリーズ程なのでしょうが、本当にこれで旨味の濃いBMの味を出せるのでしょうか。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します