現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】新型クラウン登場。いま、歴代クラウンのデザインを振り返る!(8代目)

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.8
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

80~90年代の日本車デザインを振り返る本シリーズ。今年6月、15代目のクラウンが登場したのを機に、番外編として歴代クラウンのデザインを振り返ります。

クリスタルピラーが輝くボディがヒットを牽引した先代。バブル経済の頂上に向かう1987年、その先代を継承しつつ徹底的にクオリティアップさせ、歴代の中でもっとも贅沢を極めたと言えるのが8代目クラウンです。

機能性を感じる先代をベースに、じっくりと手間暇をかけて質感向上に集中したのは、同時期の6代目カローラとまったく同じ考え方。(clicccar)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン