現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW i4 2021年登場へ 電動ラインナップ拡大の先鋒に

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.7

BMW i4 2021年登場へ 電動ラインナップ拡大の先鋒に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 2021年末までにiモデル5車種投入
ー モーター1基または2基 350ps程度に

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

2021年末までにiモデル5車種投入

BMWは2021年に4ドアクーペのEV、i4を発売し、電動のiモデルのラインナップを拡大する。

これはEUにおいて2030年までにブランド全体の平均CO2排出量を35%削減するという目標に向けてのもの。また、2020年代末までに売れ筋車種から内燃機関をほぼ廃止する必要があると考えられている。

彼らはプラグインハイブリッドやEVの開発を加速させると発表していた。先日のパリ・モーターショーでBMWのハラルド・クリューガー会長がAUTOCARに対して明らかにしたi部門の計画では、BMWが近日中に他ブランドをリードするEVラインナップを展開するとのことだ。

ここでは2021年末までにiモデルを5車種、さらにBMWグループ全体で2025年までに12車種の電動車を投入するとされている。

モーター1基または2基 350ps程度に

情報筋によれば、BMWはi4のドライブトレインについてふたつの選択肢を検討しているという。ひとつはフロントにモーターを搭載し、固定ギア比のギアボックスと電動プロペラシャフトによりリアを駆動するものだ。これはBMWらしい挙動と、最適な前後重量配分を実現するという。

ふたつめはよりコストがかかるが、前後に1基ずつ合計2基のモーターを搭載するというものだ。

これは来年登場するiX3に使われるのと同様のシステムだ。前輪駆動または四輪駆動を切り替えることができる。現行335dと同等のパフォーマンスを実現するため、いずれのパワートレインを選択したとしても350ps程度となるだろう。

クリューガーによれば、i4はミュンヘン工場で生産されるとのことだ。つまり、2世代目4シリーズと生産ラインを共有する可能性もある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します