現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスAMG、電動化が加速…新設定「GT53」はハイブリッドの可能性

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.6

メルセデスAMG、電動化が加速…新設定「GT53」はハイブリッドの可能性

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスAMGの高性能2ドアスポーツ『GT』シリーズに新たに設定される『GT53』開発車両を、カメラが初めて捉えた。

AMG「53」シリーズは、新開発の3リットル直列6気筒エンジンとISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)、48V電気システムおよび電動スーパーチャージャーを組み合わせたハイブリッドモデルで、「43」と「63」の中間に位置する。この秋に日本で発売されたばかりの『E53』、『CLS53』に続くシリーズ第3弾となる。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

メルセデスのテスト敷地内で捉えたプロトタイプは、サイドに「V8 BITURBO」の文字が黒いテープで消されていることに気づく。写真に映るホワイトボディの車両がそれだ。また丸いクワッドエキゾーストパイプはE53やCLS53と同じタイプが装着されている。

予想されるパワートレインは、上記の通り3リットル直列6気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドだ。最高出力は435ps、最大トルク520Nmを発揮し、0-100km/h加速4.5秒、最高速度は285km/hのパフォーマンスとなる。

GT53のワールドプレミアは、2019年内となりそうだ。メルセデスAMGは、今後もハイブリッドモデルやEVの設定が予想され、電動化が一気に加速しそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します