現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW 8シリーズカブリオレ 新型の概要発表…ロサンゼルスモーターショー2018で公開へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.3

BMW 8シリーズカブリオレ 新型の概要発表…ロサンゼルスモーターショー2018で公開へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆フル電動開閉のソフトトップ、15秒で変換

BMWは11月2日、新型『8シリーズカブリオレ』(BMW 8 Series Cabriolet)の概要を明らかにした。実車は11月26日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー2018でワールドプレミアされる。

    BMWの最上級オープン「8シリーズコンバーチブル」が本国で発表

新型8シリーズカブリオレは、およそ20年ぶりに復活を果たした新型BMW『8シリーズクーペ』のオープン版だ。

ルーフには、複数の層で構成されるソフトトップを採用しており、軽量化や静粛性が追求された。ソフトトップの開閉はフル電動式で、センターコンソールのスイッチ操作により、開閉は片道15秒で完了する。50km/h以下なら、走行中でも開閉できる。ソフトトップの色は、ブラックが標準で、アンスラサイトシルバーがオプションで用意される。

ボディサイズは全長4843mm、全幅1902mm、全高1339mm、ホイールベース2822mmで、クーペに対して全高のみ2mm低い。

◆ガソリンとディーゼルを1機種ずつ

新型8シリーズカブリオレのパワートレインには発売当初、欧州ではガソリンとディーゼルの1グレードずつを設定する。

ガソリンエンジン搭載車が、「M850i xDriveカブリオレ」グレードで、インテリジェント4WDシステム、制御式リアアクスルディファレンシャルロック、インテグレーテッドアクティブステアリング、アクティブロールスタビライザー付きアダプティブMサスペンションプロフェッショナル、高性能タイヤ付き20インチアルミホイールなどを装備する。

M850i xDriveカブリオレには、新開発の4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。最大出力は530hp/5500~6000rpm、最大トルクは76.5kgm/1800~4600rpmを獲得する。トランスミッションには、8速「ステップトロニック」で、4WDの「xDrive」とリアアクスルディファレンシャルロックが、常にエンジンパワーを路面に正確に伝える。その効果もあって、0~100km/h加速3.9秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を実現している。

◆デジタルキーは、最大5人で共有できる

新型BMW8シリーズカブリオレには、「BMWオペレーティングシステム7.0」を搭載する。BMWオペレーティングシステム7.0は、次世代のBMWの表示および操作システムで、完全にデジタル化されたシステムとなり、従来以上にドライバーの要求に緻密に合わせることができるよう設計されている。

新デザインのフルデジタルコクピットには、ナビゲーションの地図を表示する場所だけでなく、個別に選択した内容の表示スペースが設けられた。BMWオペレーティングシステム7.0では、ドライバーと車両の間のマルチモーダルインタラクションも向上させた。ドライバーはiDriveコントローラー、タッチ操作、音声入力、ジェスチャーコントロールのいずれかで操作できる。

欧州仕様車には、デジタルキーを設定する。BMWのデジタルキーは、一般的なキーなしで、ユーザーのスマートフォンを使用して、車両のロックやロック解除ができる。スマートフォンをワイヤレス充電または専用トレイに置くだけで、エンジンが始動できる。

このデジタルキーは、最大5人で共有することが可能で、ドライバーは自動的に検出され、車両キーまたはBMWデジタルキーを使用するか、コントロールディスプレイでユーザーを選択して正しいPINを入力することで、個人設定が有効になる。また、デジタルキーは「BMWコネクテッド」アプリの一部として利用が可能で、近距離無線通信規格の「NFC」対応のスマートフォンで使用できる。

◆パーソナルCoPilotを搭載

新型8シリーズカブリオレには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載する。そのひとつが、「BMWパーソナルCoPilot」で、標準装備されるクルーズコントロールは、ブレーキ機能付き。自動ブレーキの「シティブレーキ」には、衝突および歩行者警告機能が付く。最新世代のアクティブクルーズコントロール(ACC)は渋滞走行中を含めて、前車との間に一定の距離を保ちながら、自動で追従走行できる。ストップ&ゴー機能は、任意の速度をベースに、前方の車両との車間距離を維持しながら自動で加減速を行い、低速走行時には車両停止まで制御を行う。また、「ドライビングアシスタンスプロ」パッケージとして、レーンキープアシストを用意する。このパッケージには、レーン逸脱警告とレーンチェンジ警告も含まれ、車線変更の際に、後方から接近してくる車両に注意するようドライバーに促し、側面からの衝突を保護する機能も付く。この他、最新世代のヘッドアップディスプレイを設定した。駐車支援システムなど、先進運転支援システムを充実させている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します