現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ インサイト 新型、日本専用のフロントグリルとリアスポイラーを装備

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.1

ホンダ インサイト 新型、日本専用のフロントグリルとリアスポイラーを装備

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダが2018年内に日本市場に投入する新型『インサイト』には、日本専用のフロントグリルとリアスポイラーが装備される。

エクステリアデザインを担当した本田技術研究所の和田陸研究員は「専用のスポイラーとフロントグリルは、我々が日本に向けてこのクルマを出すにあたって込めた、さらなる特別な思いを象徴する外観上のアクセントになっている」と語る。

    ホンダ、新型インサイトの実車を披露。年内発売決定で予想価格は?

北米で先行販売されている新型インサイトのフロントグリルは「グロスのブラックとマットのブラックのコンビネーションでグリルのバーを表現。シンプルな横のバーで鼻先の塊を感じさせる造形になっているのに対し、日本向けでは「グロスのあるブラック、そしてメッキ、さらにその中に細かく変化をもたらせている」と、和田氏は解説する。

具体的には「日本の建築や紋様に使われる格子状の形状を設けることで、機能的には黒い穴だが鼻先の立体感や高さを感じて頂けるのではないか。格子状の形状だけでなく5条のクロームのバーを設けてさらに立体感を強調させた」という。

さらに「一本一本のバーの形状にも非常にこだわりを持っていて、鈍く光るような金属のような質感、そして研ぎだされた刀身のようなキラッと光る面のコントラストを表現。これによって近くで見ても非常に見応えのある精緻な印象を演出している」とも。

一方、廉価グレードLX以外に装着されるリアスポイラーに関して和田氏は「スポイラーをつけることによってスポーツセダンの雰囲気を表現したいということで用意した。このクルマの持っている運転する楽しみをより強調するような表現をしたスポイラーを日本専用でデザインした」と語る。

その上で「もちろんスポイラーとしてつけるからには、より一層運転の質を上げるような機能を持った形状とデザインを両立することを目指した」とも話していた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 小松哲也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します