現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型プジョー508ファーストエディション サイズ/価格/内装 オンライン限定で60台

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.1

新型プジョー508ファーストエディション サイズ/価格/内装 オンライン限定で60台

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 508ファーストエディション 2.0ℓディーゼル搭載
ー 508ファーストエディション 安全装備
ー サイズ/パワートレイン/先進・快適装備
ー 外装/内装/価格

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

508ファーストエディション 2.0ℓディーゼル搭載

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーのフラッグシップサルーン「508」の日本導入に先立ち、導入記念限定車「508ファーストエディション」を全国限定60台で、オンライン予約受付を開始すると発表した。

本限定車は、ウェブサイト( web.peugeot.co.jp/new508-booking/ )のオンライン予約専用モデル。

ファーストエディションは最上級グレードGT(2.0ℓクリーンディーゼル)にフルオプションを装備し、専用の深紅のナッパレザーシートと19インチ・アロイホイールを装着し限定60台の販売となる。ボディカラーはフレンチトリコロールを彷彿とさせる赤系、白系、青系の三色を設定した。

ボディ:4ドア・ファストバック
エンジン:2.0ℓ直4ターボディーゼル
最高出力:177ps/3750rpm
最大トルク:40.8kg-m/2000rpm
内装:レッドナッパレザー

508ファーストエディション 安全装備

第2世代アクティブセーフティブレーキ

PSA初導入となる第2世代のアクティブセーフティブレーキは、現行アクティブセーフティブレーキのカメラクオリティを向上させ、二輪車および夜間での検知精度をアップした。

アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)

従来の高速道路における同一車線内走行を想定した運転支援機能に加え、前車が完全停止したのち3秒以内に再発進すればアクセル操作なしで追従可能。3秒以上経過した場合はワンタッチで設定速度まで回復。渋滞時の加減速にも対応している。

レーンポジショニングキープアシスト(プジョー初)

車線内の一定の位置を保ったまま走行可能。左右の車線の間隔を保持しようとするので、車線内をピンボールのように左右に動くことはない。ほぼ全速度域でステアリング補正を実施。アクティブクルーズコントロールとともに先進的な運転支援をドライバーに提供する。

レーンキープアシスト

約65km/h以上の速度で走行中、車載カメラが車線を検知し、ウィンカー操作がない状態で車線からはみ出しそうになると、自動的にステアリングに反力を生じさせ、元の車線へと戻す。

アクティブブラインドスポット・モニターシステム

走行中、斜め後方のブラインドスポット(死角)に存在する後続車両を超音波センサーが感知。ドアミラー内にオレンジ色の警告灯を点灯させる。さらに後続車両の進路に入ろうとした場合は、ステアリングの反力によって車線変更を抑制。

インテリジェントハイビーム

ルームミラー部に取付けられたカメラが常に前方の状況を分析。先行車や対向車の有無、照明の状況などにより、ハイビームとロービームを自動的に切り替え、対向車を幻惑することなく、常に最適な前方視界を確保する。

ナイトビジョン(プジョー初)

前方最大約200mを赤外線カメラが監視し、その映像をインストルメントパネルに投影
(赤外線を利用するため外気温が約30℃以上になると作動せず)。

トラフィックサインインフォメーション(プジョー初)

制限速度および進入禁止に関する道路標識をマルチファンクションカメラが読み取り、インストルメントパネルに表示。制限速度はドライバーが任意でクルーズコントロールまたはスピードリミッターに連動させることが可能。

フロント、サイド、バックソナー/ワイドバックアイカメラ

バックする際に車両後方の状況をタッチスクリーンに投影。またステアリング操作による距離や車両の進行方向の表示、および俯瞰映像により精度の高い表示を提供する。

アクティブボンネット

万が一の衝突時の歩行者のボンネットへの衝撃を軽減。

サイズ/パワートレイン/先進・快適装備

ファーストエディションのボディサイズ(欧州仕様値)は、以下の通り。

全長×全幅×全高:4750×1847×1404mm
ホイールベース:2793mm
荷室容量(VDAL):487/1537ℓ

パワートレインは最新の環境基準に適合したクリーンディーゼル2.0ℓブルーHDiに電子制御8速オートマティックEAT8を組み合わせ、高効率とドライビングプレジャーを両立。プジョー初のアクティブサスペンションと相まってプジョーだけがなしえるライドフィールを提供する。

508はプジョーのミュールーズ工場で生産され、パワートレインなど主要コンポーネンツもフランスで作られる “メイド・イン・フランス” のプロダクト。軽量、高剛性で高いポテンシャルと汎用性を持ち評価を得ているプラットフォーム「EMP2」をベースにフロントフェンダー、フロントサスペンションのアルミニウム合金化、テールゲート、トランクフロアの強化樹脂採用などで、装備を増やしたにも関わらず重量はほぼ同等にとどめることに成功。また最小回転半径も改善され5.5mとなっている。

安全機能以外の快適装備、先進装備は、フルLEDヘッドライト、アダプティブリアライト、ハンズフリー電動テールゲート、FOCALプレミアムHiFiシステム10スピーカー、前席8ウェイ電動シート&ヒーター/マルチポイントランバーサポート、アクティブサスペンションを採用。

このうちアクティブサスペンションは、フロントストラット、リアマルチリンクのサスペンションに電子制御アクティブサスペンションを組み合わせ、路面や走行状態に応じてショックアブソーバーの減衰力をリアルタイムに制御し、優れた乗り心地とハンドリングを両立するもの。ドライバビリティ重視のスポーツ、乗り心地重視のコンフォート、燃費重視のエコ、ドライバビリティ/コンフォートの両立をするノーマルの4つのドライビングモードを選択できる。

また、インフォテインメント機能については、「プジョーミラースクリーン」を搭載。アップル・カープレイ、アンドロイド・オートに対応するスマートフォン接続でき、対応ナビゲーション/マップアプリやオーディオアプリを直感的に使用できる。またカーナビゲーションは、日本仕様のカーナビゲーションとしてタッチスクリーン専用ナビゲーションをETC2.0と共に標準装備した。

外装/内装/価格

プジョーは、フラッグシップサルーン508のモデルチェンジにあたり、サルーンの徹底的な革新を目指した。

エクステリアでは、504、505、406、407、508とフラッグシップサルーンの伝統であったトランクリッドを備えた4ドアのスタイルから決別し、クーペと見まごうばかりのファストバックサルーンを標榜。その大胆なデザインは2014年に北京モーターショーでデビューを飾ったコンセプトカーEXALT(イグザルト)の流れを組むものとなった。

インテリアに目を移せば、新世代のiコクピットがドライバーを迎える。完成度とクオリティを高め、12.3インチ・ヘッドアップインストルメントパネルと、ドライバー向けにセットアップされた8インチタッチスクリーン、トグルスイッチとその下にフェザータッチのスイッチを配した。

立体的な造形とダッシュボードのカーボン調デコレーション、センターコンソールのピアノブラックがあたらしい世代のサルーンのインテリアを形作っている。

なお、508ファーストエディションにはSW(ステーションワゴン)は未設定。また、508のカタログモデルおよび508 SWの導入に関しては後日の発表・発売になる予定。

508ファーストエディションの価格は、577万円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します