現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 2019年登場、メルセデス「ベイビーGクラス」…これがMBUX搭載コックピットだ!

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.1

2019年登場、メルセデス「ベイビーGクラス」…これがMBUX搭載コックピットだ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスベンツの新型コンパクト・オフローダー『GLB』の最新プロトタイプを激写。さらにコックピットの様子もスクープサイト、Spyder7のカメラが初めて捉えた。

グリーンシートで覆われたキャビン内には、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」(メルセデスユーザーエクスペリエンス)を搭載したタッチスクリーン対応10.25インチワイドディスプレイと、デジタルインストルメントクラスタを一枚のガラスカバーで融合したコックピットが見える。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

その下にはジェット機のタービン風3連レジスターを配置しており、まさに『Aクラス』新型とそっくりだ。

GLBは、『GLA』と『GLC』の中間に位置する新型クロスオーバーSUVとして登場する。全長はGLC寄りの4600mm程度と予想されている。2台と同様に最新世代「MFA2」アーキテクチャを採用するが、決定的な違いは「ベイビーGクラス」とも言われるそのボクシーなスタイルだ。

パワートレインは、最高出力161psを発揮する1.4リットル直列4気筒エンジンをエントリーモデルに、最高出力188psと221psを発揮する2リット直列4気筒ガソリン&ディーゼルエンジン、新開発1.5リットル直列4気筒ターボディーゼルをラインアップし、7速デュアルクラッチと組み合わせる。

販売価格は、GLAの3万3400USドル(約380万円)を超えるが、GLCの4万0050USドル(約450万円)を超えることはなく、GLAに近い価格が予想される。

ワールドプレミアは、2019年内が有力で、ハイパフォーマンスモデルの『AMG GLB35』や『AMG GLB45』などの登場も噂されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します