現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 極東開発、新型アルミタンクトレーラ発売へ 国内規制最大容量30klを実現

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.31

極東開発、新型アルミタンクトレーラ発売へ 国内規制最大容量30klを実現

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

極東開発工業は、国内規制最大のタンク容積30klを実現した新型「30kLアルミタンクトレーラ」を開発し、11月5日より発売する。

新機種は大容量長距離輸送のニーズに対応した30kl積タンクを搭載し、ワイドシングルタイヤ仕様(KL30-471SS)ではアルミタンクトレーラで国内トップクラスとなる最大積載量2万4500kgを確保。積載物の組み合わせ(混載)のバリエーションが増え、さらに効率的な輸送が可能になった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

また、角形断面タンクの採用することで、低全高・低重心としたほか、タンク内の空室をなくすことで現行型と比較して連結全長を約460mm短縮。さらにディスクブレーキの採用により、安全性も高めている。

価格(税別)はダブルタイヤ仕様が2520万円、ワイドシングルタイヤ仕様が2555万円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します