現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ、燃料電池車MIRAIを一部改良

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.30

トヨタ、燃料電池車MIRAIを一部改良

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタは10月30日、セダンタイプの燃料電池自動車MIRAIの一部改良を実施し、予防安全装備を高機能化。全国のトヨタ店ならびにトヨペット店を通じて発売を開始した。

 世界初の量産燃料電池車であるMIRAIは2014年12月から販売が開始された。登場から丸4年目で行なわれた今回の一部改良で、プリクラッシュセーフティが検知センサーをミリ波レーダーと単眼カメラとするToyota Safety Senseに進化し、歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知可能となっている。また道路標識を認識するロードサインアシスト機能とあわせ、先行車の発進をブザーとディスプレイ表示で知らせる先行車発進告知機能も加えられた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?



 そのほか、駐車場などでのブレーキの踏み間違いやアクセルの踏みすぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)も標準装備し、安全機能を強化している。

 パワートレーンや、後席が2名掛けで乗車定員が4名のパッケージングなどに変更はない。
メーカー希望小売価格は727万4880円。エコカー減税のほかに、クリーンエネルギー自動車導入事業補助金の対象となり優遇措置の対象となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します