現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 究極のGT、アストンマーティン DBSスーパーレッジェーラ にもやっぱりあった「ヴォランテ」

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.30

究極のGT、アストンマーティン DBSスーパーレッジェーラ にもやっぱりあった「ヴォランテ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティンが今年6月に初公開した究極のスーパーGT『DBSスーパーレッジェーラ』。現在はクーペのみのラインアップだが、やはりアストンマーティンは「ヴォランテ」を用意していたようだ。プロトタイプの姿をフルヌードで初めて捉えることに成功した。

「DBS」は2012年に生産が終了した後、後継モデルとなる『ヴァンキッシュ』へ世代交代。今年6年振りにDBSの名称が復活した。

    歴史あるモデル名の復活 アストンマーティン「DBS スーパーレッジェーラ」

小雨の中で捉えた車両は、テールライトに僅かなカモフラージュが施されているが、ほぼフルヌードと言っていいだろう。ルーフにはファブリックトップを採用、クーペ同様にメッシュの大型ラジエーターグリルや、ボンネットにはデュアル・エアスクープを備えていることがわかる。またフロントスプリッター、リアディフューザー、アクティブリアウィングなどアグレッシブなエアロパーツも確認できる。

その心臓部には、ZF製8速ATと組み合わされる5.2リットルV型12気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力725ps、最大トルク900Nmを発揮する。また0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は340km/hというハイパフォーマンスを持つ。

2007年に登場した「DBS V12」は、映画『007カジノ・ロワイヤル』のボンドカーとして登場している。007シリーズは、2020年にも最新作「ボンド25」(仮題)が控えており、新型の再登場があるか注目だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します