現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > レクサス ES 新型を早くもカスタマイズ、テーマは「ワイン愛好家」…SEMA 2018で発表へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.30

レクサス ES 新型を早くもカスタマイズ、テーマは「ワイン愛好家」…SEMA 2018で発表へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レクサスは10月29日、米国ラスベガスで10月30日(日本時間10月31日未明)に開幕するSEMAショー2018において、新型『ES』(Lexus ES)のカスタムカーを初公開すると発表した。

SEMAショーは毎年秋、米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタムカーのイベント。レクサスは今年のSEMAショーにおいて、日本市場にも導入されたばかりの新型ESのカスタムカーを初公開する。

    レクサス、新型ESのトランクがワインクーラーに…LSやRCのカスタマイズカーも披露

SEMAショー2018で初公開予定の新型ESのカスタムカーでは、「F SPORT」をベースに、「ワイン愛好家」をテーマにしたカスタマイズを提案する。シグネチャーメタリックレッドのボディカラーは、赤ワインを連想させる色とした。

トランク内には、ワインセラーをはじめ、ワインボトルホルダーとワイングラスホルダーをワンオフで製作した。ワイングラスはレクサスのロゴ入りで、ワインセラーは上質なオークウッドで仕立てる。

エクステリアには、「Artisan Spirit」のエアロキットを装着しており、フロントリップスポイラー、サイドスカート、トランクスポイラー、リアアンダースポイラーなどをセットした。足元はレイズ製の20インチホイールで引き締めた。タイヤはミシュランの「パイロットスポーツ4S」を組み合わせている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • shi*****|2018/10/30 18:34

    違反報告

    これだけ装備しても日本価格より安いんだろね。
    何故、このクラスの車が、北米より200万円高いのか理解に苦しむ。
    日本価格は、せいぜい400万円後半と予想していたモータージャーナリストもしっかり追及して欲しいね!
    ウインダム時代は、400万円でお釣がきたのに本当に日本市場を馬鹿にしている!
    原材料の高騰と物価を理由にする人もいるが、世界的にみても1割程度しか車の価格は上がっていない。
    ちなみに北米では400万円位で買えるしオプションも安い!
  • sav*****|2018/10/30 18:39

    違反報告

    うん、ボディーカラーはよい。トランクにワインセラーは飲酒運転さえしなければ、良いかな?だがヘッドレストのデザインはだせー。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します