現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ディスカバリー・スポーツ2019年モデル ランドマークエディション登場

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.30

ディスカバリー・スポーツ2019年モデル ランドマークエディション登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランドマークエディションとは

ジャガー・ランドローバー・ジャパンが、プレミアム・コンパクトSUV「ディスカバリー・スポーツ」の2019年モデルを発表した。受注は本日より開始する。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

2019年モデルではラインナップが増え、限定グレードとなる「ランドマークエディション」を追加している。この2019年モデル限定グレードは、「SE」をベースに、スポーティなフロントバンパー、グロスダークグレーの19インチ5スプリットスポーク “スタイル521” 、グラファイトアトラスの「DISCOVERY」ロゴなどが特徴。

エクステリアカラーはナルヴィックブラック、コリスグレー、ユーロンホワイトの3色から選択でき、カルパチアングレーのコントラストルーフを装備する。インテリアカラーはエボニーで統一し、ダークグレーアルミニウムフィニッシャーを組み合わせた。

ランドマークエディションはディーゼル仕様に設定され、価格は643万円。

それ以外のグレードについても詳細がアナウンスされた。

2019年モデル概要

エンジンラインナップは、インジニウム2.0ℓ直4ターボチャージド・ガソリン(最高出力240ps/最大トルク34.7kg-m)とインジニウム2.0ℓ直4ターボチャージド・ディーゼル(最高出力180ps/最大トルク43.9kg-m)の2種類を用意。

エクステリアカラーにはロワールブルーを新色として追加。また、10インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」のスクリーン表示を刷新している。

メモリー機能付きの電動調整可倒式ドアミラーには自動防眩機能を装備(「HSE」「HSE LUXURY」は標準装備、「SE」は装備不可)。

先進安全装備については、緊急時にはスマート・ロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」を標準装備。車間距離を維持しながらの走行をサポートする、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)をオプション設定している。

また、既存の5名乗りと変わらないスペースに5+2名用にアレンジが可能なシート・システム、車やキーに触れることなく車外からテールゲートの開閉が可能なハンズフリー・パワー・テールゲートをオプションとして用意した(「HSE LUXURY」は標準装備)。

価格は、ガソリン仕様が443万円~733万円。ディーゼル仕様が473万円~763万円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します