現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > レンジローバー イヴォーク 次期型をスクープ!デザイン&スペックは?

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.26

レンジローバー イヴォーク 次期型をスクープ!デザイン&スペックは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レンジローバーの大ヒットSUV『イヴォーク』が初のフルモデルチェンジを迎える。次期型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュの軽い状態でカメラが捉えた。今回はコックピットの撮影にも成功した。

第2世代となる次期型の開発車両は、コーナーエアインテークに2枚のフィンを備え、薄型のヘッドライトを装備、兄貴分『ヴェラール』からインスパイアされたデザインが予想されている。

    2ドアクーペスタイルの特別なレンジローバー、価格は約3500万円

プラットフォームには、「D8」のアップデート版が採用され、ボディが大型化。広いスペースを持ち、ガソリンターボチャージャーやディーゼルに加えプラグインハイブリッドにも対応する。また3ドアモデルは廃止される可能性が高いようだ。

コックピットには、3つのディスプレイを備えている。インストルメントパネル用、インフォテインメントシステム用、そしてエアコンのコントローラー用だ。レジスター下部にあるディスプレイは現行モデルよりワイド化されているのが見てとれる。ステアリングホイールもヴェラールのものと酷似している。

パワートレインの注目は、新開発の1.5リットル直列3気筒インジニウムエンジン+電気モーターの48Vマイルドハイブリッドシステムで、27km/リットル程度の燃費が予想される。その他、最高出力148ps、178ps、そして237psの3バージョンが用意される2リットル直列4気筒インジニウム・ディーゼルターボエンジン、最高出力245ps、296psの2バージョンの2リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンをラインアップし、ZF製9速ATと組み合わされる。

ワールドプレミアは、2019年の春ごろと予想される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します