現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > NSX 2019年型 開発責任者とQ&A オーナー像は? タイプRは?

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.25

NSX 2019年型 開発責任者とQ&A オーナー像は? タイプRは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 開発コンセプト 予想するオーナー像
ー タイヤの特長 「タイプR」の存在

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

開発コンセプト 予想するオーナー像

今回開発責任者を務めるホンダ四輪R&DセンターLPLマイスターの水上 聡に、カタログに出てこない細部を伺う機会に恵まれた。そこでNSX 2019年モデルの開発に際しての詳細と、いくつかの疑問を聞いてみた。

――2019年モデルの開発コンセプトは?

「基本的にドライバーとクルマの一体感を高めることを目指しました。操作に対する動きのつながりを自然になるようにして、限界性能を高めると共にコントロール性の向上をテーマとして開発しました」

――NSXを購買される方の主となる年齢層はどのくらいでしょうか。

「日本だけではなく海外でも高額なモデルですので、主となるのは40~50才代で中には60才代の方もいらっしゃいます」

――新色のボディカラーは「イモラ・オレンジ・パール」ではなく、「サーマルオレンジ・パール」ですがそのわけは。

「わたしも『イモラ・オレンジ・パール』は好きな色でしたが、現在のデザインに合わせた色として『サーマルオレンジ・パール』を用意しました。日本のクルマには無い鮮やかなオレンジが新たな魅力を引き出していると思います」

「NSXのボディカラーはサーキットに由来した名が与えられてきましたが、この『サーマル』はカリフォルニアにあるサーマル・レースウェイに因んだもので、アメリカの開発チームが使っていたことから選ばれました」

タイヤの特長 「タイプR」の存在

――2019年モデルには専用開発されたコンチネンタル・スポーツコンタクト6が採用されたそうですが、その特徴は?

「2代目NSXで既にコンチネンタル・スポーツコンタクト5Pを採用し、FWD車のニュル最速タイムを記録したシビック・タイプR(FK8)ではメーカー純正(OE)タイヤとしてスポーツコンタクト6を使用してきました」

「NSXの2019年モデルの開発にあたり足回りのリファインに加え、われわれが目指すグリップ感の向上を得るために、専用のスポーツコンタクト6を共同開発しました」

「具体的にはアウト側のブロック剛性を高めるとともに、NSXに最適なコンパウンドを採用して最大横力を向上させています」

「タイヤだけでも数割のレスポンスとグリップ性能の向上を獲得し、快適性や対ウェット性能の両立を実現しました。この部分は言葉で伝えきれませんので、ぜひ乗ってみて確かめてください」

――古くからのファンですと2代目NSXにも「タイプR」を期待してしまいますが、今後辛口バージョンを製作する予定はありますか。

「常に最高のNSXを送り出していますので、特に考えていません。シビックの場合はベイシックカーがベースで、その走りを極めたところに『タイプR』が存在しますが、NSXでは既に走りを突き詰めた内容ですので、必要がないと考えています」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します