現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 改良新型マツダCX-8 ガソリン2.5ℓターボ登場 2.5ℓNA(289万4400円~)も

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.25

改良新型マツダCX-8 ガソリン2.5ℓターボ登場 2.5ℓNA(289万4400円~)も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ターボ「25T」、NA「25S」登場
ー GVCプラス導入 快適装備も充実
ー 安全装備/価格/発売日は?

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

ターボ「25T」、NA「25S」登場

マツダは、3列シートSUVのCX-8を商品改良し、受注を開始した。改良新型のトピックは4点ある。

1. 2.5ℓガソリン車(ターボ/NA)の追加

2. G-ベクタリング・コントロール・プラス

3. シートベンチレーション設定、スマホ連携

4. 衝突回避支援ブレーキの夜間歩行者対応

CX-8は、これまで2.2ℓディーゼル車のみの展開であったが、ガソリン・ラインナップが追加された。加わるのは2.5ℓガソリン・ターボ車の「25T」、2.5ℓガソリン自然吸気車の「25S」という2種類である。

SKYACTIV-G 2.5T搭載「25T」(AWD)

2.5ℓガソリン・ターボ車が搭載するのは、世界初となる「排気脈動の制御」に着目したダイナミック・プレッシャー・ターボシステム採用ユニット。低回転域ではシャッターバルブを閉じて排気経路を狭め、高回転域ではバルブを開くシステムを導入。あわせて排気マニフォールドは4-3-1タイプを採用し、低速域でも高速走行でもリニアに加速するエンジンに仕上げた。

また、燃焼温度を低下させ、中高負荷領域で高出力と広い燃費領域を実現するクールドEGRを導入。トランスミッションは6速オートマティックを組み合わせ、駆動方式はAWDを選んだ。

・最高出力:230ps/4250rpm
・最大トルク:42.8kg-m/2000rpm
・WLTCモード燃費:11.6km/ℓ
(市街地8.4/郊外11.7/高速道路13.8km/ℓ)

SKYACTIV-G 2.5搭載「25S」

2.5ℓガソリン自然吸気車が搭載するのは、13.0の高圧縮比、アルミ合金製ブロック、バランスシャフトの採用により走行性能と静粛性を両立したユニット。こちらはFF車のみを用意した。

ターボ車が走り志向なら、NA車は街乗り中心というドライバーに向けたモデルと考えて良い。

・最高出力:190ps/6000rpm
・最大トルク:25.7kg-m/4000rpm
・WLTCモード燃費:12.4km/ℓ
(市街地9.8/郊外12.6/高速道路13.9km/ℓ)

25Sは、入口価格が289万4400円~という300万円を切る価格設定であることも大きなニュースだ。

GVCプラス導入 快適装備も充実

先日CX-5に初導入され話題となった車体制御の技術「G-ベクタリング・コントロール・プラス(GVCプラス)」。改良新型CX-8の全車に標準設定されることになった。

従来のGVCは、ドライバーがステアリングを切ると車体を前荷重にするという制御であった。それに加えてGVCプラスでは、ステアリングを戻すときに旋回外輪のフロントタイヤをかすかに制動。車両を直進状態に戻すための復元モーメントを与え、ハンドル操作への追従性・挙動の収束性を高めた。

あわせて足まわりを進化。スタビライザー径をフロントは拡大、リアは縮小。さらにリアダンパートップマウントの材質をウレタン化するなど車両安定性、応答性、乗り心地を改良し、上質な走りを追及した。

アップル・カープレイ/アンドロイド・オートに対応

3列シート車であり、上は400万円をこえる車種とあって快適性能に対する期待も大きい。改良新型は、そうした質感の向上も進められた。

上級グレードのLパッケージは、

・前席にシートベンチレーション
・メーター部に7インチ・フルカラーTFT
・フレームレスのルームミラー

などを専用装備として採用。

さらにCX-8全車について、マツダ・コネクトが「アップル・カープレイ」「アンドロイド・オート」に対応。また、ホイールの塗装変更、3列目周辺(後方リフトゲート、荷室フロアまわり)の遮音強化という改良を適用した。

安全装備/価格/発売日は?

安全面では、衝突回避支援ブレーキ(アドバンストSCBS)の検知対象が、車両と歩行者にくわえて、夜間の歩行者まで拡大された。

また、360°ビューモニターの対象が全グレードに広がり、25T Lパッケージ、XD Lパッケージ、XDプロアクティブに標準設定。駐車場の入出庫、見通しの悪いT字路、狭い道のすれ違いなどで、危険回避に貢献する。

改良新型CX-8の価格は下記の通り。受注は本日から開始。発売日は11月29日だ。

ガソリン自然吸気
・25S(FF):289万4400円
・25Sプロアクティブ(FF):325万6200円
・25S Lパッケージ(FF):375万8400円

ガソリン・ターボ
・25Tプロアクティブ(AWD):374万2200円
・25T Lパッケージ(AWD):424万4400円

ディーゼル
・XD(AWD):360万7200円
・XDプロアクティブ(FF):369万3600円
・XDプロアクティブ(AWD):392万5800円
・XD Lパッケージ(FF):422万8200円
・XD Lパッケージ(AWD):446万400円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します