現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスベンツ Aクラス 新型開発者「すべての面で刷新されたモデル」

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.18

メルセデスベンツ Aクラス 新型開発者「すべての面で刷新されたモデル」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本は10月18日、全面改良した『Aクラス』の受注を開始した。新型Aクラスの開発を担当したダイムラー社のオリバー・ゾルケ氏は同日都内で開いた発表会で「すべての面で刷新された全く新しいモデル」と紹介した。

ゾルケ氏はまずボディ構造について「アジャイルかつスポーティな走行を可能にしている。静かで振動フリーなドライビング、大人になったプレミアムな走行を可能にしている新型Aクラスのひとつの品格だといえると思う」とした。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

また「全体的な視認性も向上している」とした上で「A、B、Cピラーをスリム化することによりピラーによる視認性の阻害も先代に比べて10%縮小された。非常にいい数字が出ている。例えば車線変更やターン、駐車の時に対向車、歩行者を見落とす可能性をかなり削減している」と述べた。

空力特性に関して「Cd値0.25は、エクステリア寸法の拡大、ボディのバリエーション化にも関わらず先代を超えている。この0.25という値、そして前方面積の2.19平方mという値をもって、この新型Aクラスはこのセグメントの空力性能のリーダー」と強調。

さらに「これを達成するために空力のエンジニアたちは何回ものコンピューターシミュレーション、そして風洞トンネルを使っての最適化を実施した。そしてそれらの結果をもとにして有効な改善策を実施した」とも。

具体的にはホイールスポイラーやホールハウスカバーのほかホイール、タイヤなどの空力最適化や、パワートレインやドライブトレインごとに設計したアンダーボディカバーによる空気抵抗の削減などによるものとしている。

またドアミラー形状や取り付け位置の最適化、ウィンドーシールの刷新、トランクリッドシールの改良などにより時速140km時の風切り音を先代に比べて「30%削減した」という。

今回、日本に導入される新型Aクラスのパワートレインは、4気筒1.33リットルの直噴ターボガソリンエンジンを搭載。オールアルミニウムでデルタ型シリンダーヘッドを採用している。「エコフレンドリーかつ非常に効率が良く、先代に比べて重量が削減されたとともにパフォーマンスが向上し、CO2排出量は15%削減された」とゾルケ氏は解説する。なお最高出力は136馬力で、先代の1.6リットルエンジンに比べて14馬力増強。最大トルクは200Nmとなっている。

新型Aクラスの価格は322万‐362万円で、納車開始は12月以降を予定しているという。また新型Aクラス導入を記念した特別仕様車「A180 Edition1」を500台の限定で発売。価格は479万円となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 小松哲也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します