現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ロータス・エリーゼ・カップ250 GPエディション日本発売 限定20台

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.18

ロータス・エリーゼ・カップ250 GPエディション日本発売 限定20台

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 納車開始は11月
ー GPエディションの改良点は?
ー カップ250 GPエディション 価格/スペック

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

納車開始は11月

ロータスカーズ⽇本正規販売輸⼊総代理店のエルシーアイは、ロータス・エリーゼ・カップ250 GPエディションを発売した。

エリーゼ・カップ250 GPエディションは、1.8ℓスーパーチャージド・エンジンを搭載し、最⾼出⼒248.4ps、最大トルク24.9kg-m、0-100km/h加速4.3秒というパフォーマンスを発揮。

エリーゼ・カップ250をベースに、「チームロータス」が1972年から1986年まで戦ったF1マシンをコンセプトにしたスタイリングを与えられている。

全世界で40台の限定⽣産となり、⽇本には20台を導⼊。デリバリー開始は2018年11⽉の予定だ。

それではGPエディションの詳細をご紹介しよう。




GPエディションの改良点は?

エリーゼ・カップ250 GPエディションは、軽量素材のリアウイング、フロントスプリッター、リアディフューザーを⼀新するなど、数々の改良により、エアロダイナミクスを向上。224km/h走行時のダウンフォースは、125kgに達する。

足まわりは、フロント、リアともにダンパーを改良。ビルシュタイン製⾼性能ダンパーとアイバッハ製同軸コイルスプリングを採⽤し、ダンパーレートはエリーゼ・スポーツおよびエリーゼ・スプリントモデルを上回っているという(コンプレッション:フロント12%/リア9%、リバウンド:フロント20%/リア30%)。

それ以外にも、6速マニュアルギアボックスには、ロータスが細部まで仕上げたオープンゲート設計を採用。リチウムイオンバッテリー、職⼈がハンドメイドで仕上げたレースシート、モータースポーツ仕様の超軽量鍛造アルミホイール、独⽴懸架式ダブルウィッシュボーンサスペンション、フロントアンチロールバーを装備する。

ホイール、タイヤは、超軽量鍛造ホイールとヨコハマ・アドバンA048 LTS(フロント:195/50 ZR16、リア:225/45 ZR17)を選んだ。

また、エリーゼの堅牢でねじり剛性に優れたシャシー構造に加え、エリーゼ・カップ250はT45スチール製ロールフープを標準装備したのが特徴だ。



カップ250 GPエディション 価格/スペック

価格:896万4000円
全長✕全幅✕全高:3800✕1720(ミラー除く)✕1130mm
ホイールベース:2300mm
トレッド:(前)1457mm(後)1506mm
最低地上高:140mm
車両重量:917kg

エンジン:1798cc直4VVT-i + スーパーチャージャー
最高出力:248.4ps/7200rpm
最大トルク:24.9kg-m/3000-7000rpm
最高速度km/h:248km/h
0-100km加速:4.3秒
燃料タンク容量:48ℓ
ステアリング:ラック&ピニオン式
トランスミッション:6速MT
シャシー:ロータス製オールアルミモノコック
ボディ構造:オールグラスファイバーボディ(FRP素材)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します