現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産 GT-R50 byイタルデザイン はGT-Rとして妥協なし、市販モデルとの違いは?

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.16

日産 GT-R50 byイタルデザイン はGT-Rとして妥協なし、市販モデルとの違いは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GT-R」の誕生50周年を記念して作られ、限定台数50台での市販化が見込まれている『GT-R50 byイタルデザイン』。10月15日からは東京・銀座にある日産のショールーム「NISSAN CROSSING」で展示が始まり、11月25日まで一般公開される予定だ。

この車両の開発と設計・生産はイタリアにある「イタルデザイン」社が担当するが、内外装のデザインは日産がおこなっている。

    『速い! 安い!! 旨い!!!』三拍子揃ってる『牛丼』のような車を見つけたので5台ピックアップしてみました

一般公開に先立って行われたプレス向けのお披露目では、日産でデザインを統括するアルファンソ・アルバイサが車両についてプレゼンテーション。「このクルマをデザインするときには、GT-Rが持つ角張った部分を残したかった」とデザインのポイントを説明した。

「アイコンはやはりフロントで、息を吸い込む口が大切。ゴールドの部分はクルマのハートであり魂。グレーの部分はスキンである」と語る彼に、今回のプロトタイプと実際に市販モデルとの違いを訪ねてみた。

「エアロダイナミクスをファインチューニングする予定。(Cピラー付近を指して)このあたりはほんの少し変わるだろう」と彼は説明。またヘッドライトも若干ながら意匠が変更されるが「イメージは変わらない」という。

そして「まだ変更できるので、気になる部分があれば遠慮なく言ってください」というサービストークも忘れていなかった。

ところで、プレゼンテーションにおいて彼が強調するのは、あくまでGT-Rであるということ。「GT-Rということに妥協はしていない。驚異的な走行性能ながら2 2で実用性だってしっかり持ち合わせている。スーパーカーとは違う」という言葉が印象的だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 工藤貴宏)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します