現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW 中国ジョイントベンチャーの経営権掌握へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.15

BMW 中国ジョイントベンチャーの経営権掌握へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国での外資規制緩和受け

BMWグループが、中国のブリリアンスと合同で設立したジョイントベンチャーの経営権を獲得することが決定した。これにより、中国での生産能力向上をめざす。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

中国が1994年に設定したルールにより、海外メーカーが中国国内での生産を行う場合には国内企業との提携が義務付けられている。BMWは2003年にブリリアンスとの提携によりBMWブリリアンス・オートモーティブ(BBA)を設立した。同社は国内2カ所の生産拠点で年間40万台を生産している。

中国はこの規定を緩和する方向にあり、2022年には完全に撤廃される。BMWはブリリアンスとの提携を22年間延長し、2040年までとした。この期間に31億ポンド(4573億円)を投じてBBAの持ち株比率を50%から75%へと引き上げる方針だ。

さらにBMWは、BBAの生産設備に対して26億ポンド(3836億円)の追加投資を行うという。その詳細も明らかになった。



BMW 中国で56万台を販売

BMWは、瀋陽市鉄西区にある拠点内に新工場を建設し、生産能力を65万台程度まで向上するつもりだ。大東区の工場も拡大し、2020年に発売されるiX3の生産を担当する。

BMWは、昨年中国で56万台を販売しており、BBAの経営権は中国での戦略上大きな意味を持つ。

今年16車種の新モデル投入を計画しているほか、長城汽車とのジョイントベンチャーによりミニ・エレクトリックを生産する予定だ。

BBAの大東区工場では5シリーズのロングホイールベースやX3を、鉄西区では1シリーズサルーン、2シリーズ・アクティブツアラー、3シリーズ、X1などを生産している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します