現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > いよいよ登場したSUBARU XVのe-BOXER。燃費はどうかフォレスターを例に考えてみる。コンベ版から20%向上。

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.14

いよいよ登場したSUBARU XVのe-BOXER。燃費はどうかフォレスターを例に考えてみる。コンベ版から20%向上。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバル独自のマイルドハイブリッド技術であるe-BOXER。リニアトロニックCVTの後端に10kW(13.6ps)/65Nmのモーターを搭載している。マイルドハイブリッドと言っても、フォレスターでは、目的は「燃費よりも走り」に振っていた。さて、XVではどうだろうか?

 e-BOXERが最初に搭載されたのが、先代XVだった(名称はe-BOXERではなかったが)。2モデル目がSGPに切り替わったフォレスターだった。今回、XVにもe-BOXER搭載モデルが設定された。

    ノキアンタイヤのスタッドレスタイヤ:フィンランドの本気タイヤは氷路で怖くない


 さて、XVのe-BOXERはどんな味付けになっているだろうか? データから分析してみよう。


フォレスター
2.5ℓ Premium(車重:1530kg)
エンジン:2.5ℓ水平対向4気筒DOHC直噴エンジン(FB25) 184ps(136kW)/239Nm
JC08 14.6km/ℓ
WLTC燃費 13.2km/ℓ
 WLTC市街地モード 9.6km/ℓ
 WLTC郊外モード 14.6km/ℓ
 WLTC高速道路モード 16.4km/ℓ
リニアトロニックCVT(3.600~0.512)
最終減速比:3.700


フォレスター
Advance(車重:1640kg)
エンジン:2.0ℓ水平対向4気筒DOHC直噴(FB20) 145ps(107kW)/188Nm
モーター :13.6ps(10kW)/65Nm
電池容量:4.8Ah
JC08 18.6km/ℓ
WLTC燃費 14.0km/ℓ
 WLTC市街地モード 11.2km/ℓ
 WLTC郊外モード 14.2km/ℓ
 WLTC高速道路モード 16.0km/ℓ
リニアトロニックCVT(3.600~0.512)
最終減速比:3.900


 フォレスターの2.5ℓエンジン搭載のコンベのモデル、Premiumの車重は1530kg。一方のe-BOXER搭載のAdvanceの車重は1640kgでその差は110kg。
エンジンは、コンベ版が2.5ℓFB25(184ps/239Nm)、Advanceが2.0ℓFB20(145ps/188Nm)。
リニアトロニックの変速比は、どちらも3.600~0.512で同じ。ファイナルギヤレシオが2.5Premiumが3.700に対してAdvanceが3.900とややギヤ比を高めている。

結果、燃費は、
Premium(2.5ℓコンベ版)
JC08 14.6km/ℓ
WLTC燃費 13.2km/ℓ
 WLTC市街地モード 9.6km/ℓ
 WLTC郊外モード 14.6km/ℓ
 WLTC高速道路モード 16.4km/ℓ

に対してAdvance(e-BOXER2.0ℓ+モーター)
JC08 18.6km/ℓ
WLTC燃費 14.0km/ℓ
 WLTC市街地モード 11.2km/ℓ
 WLTC郊外モード 14.2km/ℓ
 WLTC高速道路モード 16.0km/ℓ

 となっている。
 JC08モード燃費で27%、e-BOXERの方が燃費が良好だ。
 より実燃費に近いと言われいるWLTCモード燃費だと6%ほどe-BOXERのほうがいい。WLTCの個別モードでは、市街地モードで約17%、e-BOXERに分があるが、郊外モードでは3%、高速道路モードだと2.5%、逆にコンベのパワートレーンの方が燃費がよくなる。


 では、XVではどうだろう?
 XVのコンベのパワートレーンは、2.0ℓ水平対向4気筒(FB20)+リニアトロニック。コンベ版のパワースペックは、154ps(113kW)/196Nmだ。

 XVのe-BOXER(Advanceグレード)は、同じFB20だが、パワースペックは145ps(107kW)/188Nmとなる。
モーターのスペックは13.6ps(10kW)/65Nm で、フォレスターのe-BOXERと同じ。リチウムイオン電池の容量も4.8Ahで同じだ。

 車重の差は110kgで、フォレスターのコンベとe-BOXERと同じ。
 リニアトロニックCVTのギヤ比は、3.600~0.512で同じ(つまり、中トロ=中容量リニアトロニックということ)。
 最終減速比は、
コンベ版が3.900に対してe-BOXERが3.700と、フォレスターとは逆になっている。これは、エンジンがともに2.0ℓだからだろう。

注目の燃費はどうだろう。
コンベの2.0i-L S EyeSightの
JC08モード燃費は16.0km/ℓ

e-B0XERのAdvanceの
JC08モード燃費は19.2km/ℓ

e-BOXERの燃費向上幅は20%。
フォレスターの27%ほどの向上は見られない。
WLTCモードについては、コンベ版では数値が発表されていないので直接比較はできないが、

AdvanceのWLTC燃費は
WLTC燃費 15.0km/ℓ
 WLTC市街地モード 11.5km/ℓ
 WLTC郊外モード 15.5km/ℓ
 WLTC高速道路モード 16.8km/ℓ
となっている。
車重が90kg軽いXVだが、やはりe-BOXERの使い方は、「燃費よりも走り」に振っていることがカタログデータから推測できる。


XV
2.0ℓDOHC直噴 2.0i-L S EyeSight(車重:1440kg)
水平対向4気筒直噴 154ps(113kW)/196Nm

JC08 16.0km/ℓ
リニアトロニックCVT
3.600~0.512
最終減速比:3.900


Advance(車重:1550kg)
水平対向4気筒直噴 145ps(107kW)/188Nm
モーター 13.6ps(10kW)/65Nm
容量4.8Ah
JC08 19.2km/ℓ
WLTC燃費 15.0km/ℓ
 WLTC市街地モード 11.5km/ℓ
 WLTC郊外モード 15.5km/ℓ
 WLTC高速道路モード 16.8km/ℓ
リニアトロニックCVT
3.600~0.512
最終減速比:3.700


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します