現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダCX-5改良新型、GVCプラス採用 2.5ℓターボ車/ディーゼルMT車/特別仕様車

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.11

マツダCX-5改良新型、GVCプラス採用 2.5ℓターボ車/ディーゼルMT車/特別仕様車

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 2.5ℓターボ 世界初の技術
ー G-ベクタリング・コントロール・プラス
ー エクスクルーシブ・モードとは MT車も
ー 安全装備/価格/発売日は?

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

2.5ℓターボ 世界初の技術

マツダが、改良新型CX-5を発表した。現行型としては2度目の改良となる。ここでは4つの大きなトピックを紹介したい。

1. 新制御を採用した2.5ℓターボ

2. 新G-ベクタリング・コントロール

3. ディーゼルのMT車/特別仕様車の追加

4. 衝突回避支援ブレーキの夜間歩行者対応

SKYACTIV-Gとして日本初の2.5ℓガソリン・ターボ車となる「25T」は、世界初の新制御を採り入れたエンジンを搭載する。

・最高出力:230ps/4250rpm
・最大トルク:42.8kg-m/2000rpm

公式発表前にテストコースで試走することができたのだが、われわれがターボエンジンと聞いて思い浮かべるものと明確に異なるのは、レスポンスと加速フィールだ。

ダイナミック・プレッシャーターボという技術は、第1に低速域のターボラグをなくすために排気マニフォールドからタービンまでの排気通路にシャッターバルブを設けている。低回転域では排気経路を狭めて、排気ガスの流速とタービンの駆動力をアップし、過給能力を向上。高速域ではバルブを開き、排気ポート全体を使ってタービン効率を高める発想だ。「排気脈動の制御」に着目した世界初の技術だという。

さらに、従来の4-1集合マニフォールドを4-3-1集合へ改良。燃焼温度を低下させ、中高負荷領域で高出力と広い燃費領域を実現するクールドEGRを導入。

過給エンジンでレギュラーガソリン仕様ながらも、どこからでもスロットルの動きに反応し、高回転域の伸びと4ℓNA並みのトルクを味わえる。加速するのがクセになりそうなユニットだ。その足もとを支える制御も新しくなっている。



G-ベクタリング・コントロール・プラス

改良新型CX-5の2番目のトピックは、車体制御の技術「G-ベクタリング・コントロール(GVC)」の進化だ。従来のGVCは、ドライバーがステアリングを切るとエンジンが発生するトルクを瞬間的にわずかに弱め、車体を前荷重にし旋回性・安定性を高めるというもの。

その第2弾は、「G-ベクタリング・コントロール・プラス(GVCプラス)」。今度はステアリングを戻すときに、旋回外輪のフロントタイヤをかすかに制動する機能を追加。これにより、車両を直進状態に戻すための復元モーメントを与え、ハンドル操作への追従性・挙動の収束性を改善しているのだ。

テストコースでは、GVCプラス/従来型GVCの切替えが可能なCX-5で比較。直進中に急ハンドル、そしてその戻し操作を行った。GVCプラスでは何事もないのだが、従来型GVCではステアリング戻し操作のあとに車体の揺れ戻しが大きい。

他のメンバーが試す様子を車外から見ていると、GVCプラスでは車体の暴れ方が目に見えて少ない。ノーズの上下動・ボディロールが少なく、前輪の接地荷重を維持したまま、直進姿勢にピタッと戻るのだ。

マツダは、高速走行時の車線変更や雪道などの滑りやすい路面で安心感が高まると説明している。

マツダのこだわり

トルク・ベクタリングは、多くのメーカーでは曲がる側のタイヤ(旋回内輪)を制動する。これに対しマツダでは、切り始めは瞬間的な制御に向いているエンジンのトルクをコントロール(従来型GVC)し、ブレーキ式ベクタリングを使用しない。そして切り戻し時のみ、旋回外輪の前輪にブレーキをかける方法(GVCプラス)を選んでいる。

こうした違いの理由を開発陣に尋ねると、

・ブレーキ系は油と摩擦を利用するので、瞬間的な制御に不向き
・操舵後の戻し操作を基点とするGVCプラスなら、準備ができ応答性が高まる
・GVCプラスは前輪を制動するので、前荷重を保ちやすい

といった点を挙げていた。

メカニズム面では、待望のマニュアル・トランスミッションの追加がニュースである。



エクスクルーシブ・モードとは MT車も

市場の声に耳を傾ける形で新導入されたのが、ディーゼル車のMT仕様。これは、2.2ℓディーゼルのCX-5に6速MT「SKYACTIV-MT」を組み合わせたもの。トルクの豊かなエンジンをマニュアルミッションで操るのは、他のパワートレインでは味わえない魅力がある。

インテリアにこだわるドライバーには、特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」が商品性の高い選択肢だ。写真の灰色のクルマが、その実車のMT仕様である。

・ナッパレザーシート
・ディープレッドのシートカラー
・本杢の加飾パネル
・専用高輝度ダーク塗装の19インチアルミ

・前席シートベンチレーション
・フレームレスのインナーミラー
・メーター中央の7インチTFTメーター

これらを特別に装備し、ワンランク上の空間を作り上げている。



安全装備/価格/発売日は?

改良新型CX-5の安全性能のトピックは、衝突回避支援ブレーキ(アドバンストSCBS)の検知対象が、車両と歩行者にくわえて、夜間の歩行者まで拡大されたこと。また、前述のエクスクルーシブ・モードには、360°ビュー・モニターが標準化されている。

これ以外にもマツダ・コネクトが、Android Auto(アンドロイド・オート)、Apple CarPlay(アップルカープレイ)に対応したことで、CX-5の利便性が高まった点も嬉しいところだ。

改良新型CX-5の価格は、下記の通り。発売は11月22日。受注は本日より開始している。

ガソリン仕様

CX-5 20S:257万400円~280万2600円
CX-5 25S:279万7200円~324万5400円
CX-5 25T:332万6400円~387万7200円(2.5ℓターボ)

ディーゼル仕様

CX-5 XD:288万3600円~388万2600円(MT仕様が追加)

このうち、特別仕様車のエクスクルーシブ・モードの価格は下記の通り。

25Tエクスクルーシブ・モード:365万400円~387万7200円
XDエクスクルーシブ・モード:365万5800円~388万2600円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します