現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > もっとも大きいのはどれ? 新型BMW3シリーズとメルセデスCクラス、アウディA4 定番輸入車最新サイズ比較

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.10

もっとも大きいのはどれ? 新型BMW3シリーズとメルセデスCクラス、アウディA4 定番輸入車最新サイズ比較

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ・モーターショーでワールドプレミアされたばかりのBMW3シリーズ。パワートレーンを一新したメルセデス・ベンツCクラス、2015年に5代目になったアウディA4。日本で輸入車のセダンを選ぶとなれば、まさに「ザ・定番」のこの3台。3シリーズのフルモデルチェンジを機に、そのサイズ、トランク容量、最小回転半径などを比較してみよう。

 日本で輸入車の定番は?と聞けば、多くの人が、メルセデス・ベンツCクラス、BMW3シリーズ、そしてアウディA4と答えるだろう。SUV人気が高くなっても、そこはいまのところ変わらないのではないか? Dセグメントの正統派セダン、そして(もちろん絶対的には高価格だが)手を伸ばせば届きそうな価格、プレミアムなイメージ。人気があるのも肯ける。
 今回、フルモデルチェンジを受けたBMW3シリーズは、先代(つまり現行)よりサイズアップしたわけだが、そのサイズアップ幅は、長さで88mm、幅で16mm、高さで6mmである。88mm長くなるというのは、やはり大きい。

    「民主主義の高級車」キャデラックCT6は最もリーズナブルなハイエンドサルーン



 実は、この御三家のなかでは3シリーズは、これまでもっとも長さがコンパクトだった。フルモデルチェンジでどうなっただろうか?
 それでは最新の3シリーズ、Cクラス、A4のサイズを比べてみよう。
 ボディサイズは、国内届出値ではなく、本国のスペックである。

BMW 330iセダン 全長×全幅×全高:4709×1827×1442mm ホイールベース:2851mm

メルセデス・ベンツC200セダン 全長×全幅×全高:4686×1810×1442mm ホイールベース:2840mm

アウディA4 1.4TFSIセダン 全長×全幅×全高:4726×1842×1427mm ホイールベース:2820mm

 全長がもっとも短いのは、なんとCクラス。ホイールベースがもっとも長いのが新型3シリーズ、全長がもっとも長いのは依然としてアウディA4である。こうして並べてみると、アウディA4が長さ、幅ともやや大きいと言える。

BMW 330iセダン 全幅:1827mm Track:F1589/R1604mm

メルセデス・ベンツC200セダン 全幅:1810mm Track:F1588/R1570mm

アウディA4 1.4TFSIセダン 全幅:1842mm Track:F1588/R1570mm

BMW 330iセダン ターニングサークル:11.4m

メルセデス・ベンツC200セダン ターニングサークル:11.22m

アウディA4 1.4TFSIセダン ターニングサークル:11.6m

 小回りがもっとも効くのは、やはりCクラス。これはメルセデスの伝統とも言える長所だ。アウディの11.6mは、やはりFFベース(数値はFFのもの)だからだろう。

BMW 330iセダン トランク:480ℓ

メルセデス・ベンツC200セダン トランク:455ℓ

アウディA4 1.4TFSIセダン トランク:480ℓ

 トランク容量は、数値だけではないいわゆる「使い勝手」が重要になる分野だが、ここは新型3シリーズとボディサイズが大きいアウディが有利だったようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hir*****|2018/10/11 16:40

    違反報告

    取り合えず数値だけでみれば、使用上問題があるほど大きな差ではない。むしろ最近の車全般が大きくなっていく傾向はどこで止まるんだろうと思ってしまう。
  • gnw*****|2018/10/11 09:54

    違反報告

    Cクラスの美点は 小回りの効くこと。タイヤのエッジの減りも早いけど。また 車体サイズもちょうどいい。しかし トランクは浅く上から出っ張りがあって使い勝手が悪い。物を積む事がある場合は 迷わずワゴンにした方がいい。今回 サイズの話だが 四方の視界が開けているのも良い点だ。
  • yos*****|2018/10/13 16:59

    違反報告

    各社、示し合わせて流のではないかというほど同じくらいの車を作ってるんだね。だからこそ競争し共存しながら世界のトップレベルを維持できるのだろう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します