現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ルノー 新EVは、メガーヌ・クラスのSUV? 2022年までに登場へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.5

ルノー 新EVは、メガーヌ・クラスのSUV? 2022年までに登場へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Cセグメントは欠かせない」

ルノーの電動化部門トップ、ジャイルス・ノルマンによれば、メガーヌ・クラスのEVは欧州における同社のEV計画に欠かせない存在だという。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

ゾエは現在、日産リーフを抑えて欧州で最も売れているEVで、2022年までにはトゥウィンゴ・クラスのK-Ze(写真白)も欧州デビューするようだ。

しかしノルマンいわく、ルノーは「より大きなモデルを確実に必要としている」という。

「ゾエはBセグメントで、パリショーで公開したK-ZeはAセグメントとして登場します。ですから、次は大きいモデルが必要なのです。われわれのEV戦略は非常に明快で、欧州で重要視されているA、B、Cセグメントのモデルを投入するのです」

ノルマンは、Cセグメントに登場するEVは、カジャーと同等のモデルになるだろうと述べた。「世界のトレンドはSUVですから、やはりSUVとして登場させるのが良い方針でしょう」


Cセグなら、航続距離500kmを目指す

ゾエとK-Zeの航続距離は、それぞれ299kmと251kmだが、Cセグメントの電気自動車SUVはより長い航続能力を備えるという。

「ゾエの購入者について詳しく調べると、そのうちの80%は現在の299kmで不便を感じていないようです」とノルマン。

「しかしCセグメントとなると、その割合は60%まで下がります。そのため、さらに長い航続距離が必要なのです。2020年までには、実際の航続距離が500kmに達するモデルを提供したいと考えており、開発を進めています」

プラットフォーム新規開発 日産/三菱とも共有

このモデルは2022年までに登場予定で、新しいコモンプラットフォームであるCMF-EVをもとに開発されている。

CMF-EVは日産や三菱とも共有される予定で、モジュラーとして多くのモデルで使用される。しかし、次世代のゾエでは使用されないようだ。なお、CMF-EVを用いるモデルは、フランスにあるルノーのドゥエー工場で生産される予定である。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します