現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 9月の輸入車登録台数、前年割れ なぜ? 「2018年9月に売れたインポートカー」

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.5

9月の輸入車登録台数、前年割れ なぜ? 「2018年9月に売れたインポートカー」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q:外国メーカー車の9月の新規登録台数、3カ月ぶりに前年割れ。その主要因は?

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)A:ドイツの4大ブランドがすべて前年実績を割ったこと。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

メルセデス・ベンツは前年同月比17.3%減(7016台)、BMWは同3.2%減(5836台)、フォルクスワーゲンは同6.3%減(5067台)、アウディは同5.5%減(3165台)と、いずれもマイナスに落ち込んだ。

9月新規登録は3カ月ぶり減 上半期では4年連続前年超え

輸入車の新車販売は一服感が出たようだ。日本自動車輸入組合(JAIA)がまとめた2018年9月の外国メーカー車の新規登録台数は、前年同月比5.7%減の3万3072台と3カ月ぶりに前年実績を下回った。日本メーカー車含でも同4.5%減の3万8219台と、6カ月ぶりのマイナスとなる。

一方、2018年度上半期(2018年4月~9月)では外国メーカー車の新規登録台数が前年同期比1.6%増の14万9620台と、4年連続でのプラスを達成。日本メーカー車含でも同6.0%増の17万7803台と好セールスを記録した。

輸入車マーケットの動きに関してJAIA関係者は、「9月の輸入車販売は、外国メーカー車が前年同月比で5.7%のマイナス、日本メーカー車が3.7%のプラス、全体で4.5%のマイナスと、やや不調に終わった。主な原因は輸入車販売全体の6割あまりを占めるドイツの4大ブランド、すなわちメルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、アウディがすべてマイナスに落ち込んだ状況が挙げられる。人気車の端境期によって一部で買え控えが発生したこと、台風や地震といった自然災害が多かったことなどが、前年割れとなった理由のようだ」と分析。

「一方でフランスやイタリア、米国、英国などの中堅ブランドは健闘し、前年実績超えを成し遂げる。好調なブランドはいずれも新型車や特別仕様車の発売、販売キャンペーンの積極的な展開などが功を奏した。また、日本メーカー車は好成績をキープ。牽引したのはトヨタとホンダで、トヨタは同28.2%増の1948台で全体の第6位、ホンダは同25.0%増の1249台で第8位に入った。価格帯別では400万円以上1000万円未満がとくに好調。人気の高いSUVモデルや環境対応車などがこの価格帯に揃っていることが、数字となって表れている」と解説。

今後の展開については、「輸入車市場全体としての受注はそれほど悪くない。また、登録台数を伸ばしそうなニューモデルや特別仕様車が各ブランドから精力的にリリースされているので、これらがどれくらい販売を伸ばすかが今後の成績のポイントになる。好調なブランドが鋭意、新たな販売戦略を展開していることもプラス材料。アウディによる排出ガスおよび燃費検査の不正問題も、販売にはそれほど影響なく済みそうだ。一方、米中の貿易問題の成り行きやそれに伴う市況の混乱、そして度重なる自然災害などによってユーザーの消費意欲がどうなるかは不確定要素」との見方を示した。

2018年9月「インポートカー」新規登録ランキング

車名別インポートカー新規登録台数 (1月からの累計台数順)

日本自動車輸入組合 乗用車、貨物、バス合計(カッコ内は前年比)1位 メルセデス・ベンツ 7016台 (82.7%)
2位 フォルクスワーゲン 5067台 (93.7%)
3位 BMW 5836台 (96.8%)
4位 アウディ 3165台 (94.5%)
5位 BMWミニ 2841台 (104.1%)
6位 トヨタ 1948台 (128.2%)
7位 ボルボ 1592台 (100.9%)
8位 ホンダ 1249台 (125.0%)
9位 日産 1223台 (96.5%)
10位 ジープ 1217台 (105.8%)

11位 プジョー 1047台 (104.1%)
12位 ルノー 759台 (108.7%)
13位 ポルシェ 836台 (104.4%)
14位 フィアット 587台 (76.3%)
15位 スズキ 373台 (57.6%)
16位 ランドローバー 442台 (90.4%)
17位 シトロエン 470台 (132.4%)
18位 三菱 354台 (66.8%)
19位 ジャガー 497台 (168.5%)
20位 アルファ・ロメオ 280台 (116.7%)

M・ベンツ 43カ月連続で首位

外国メーカー車の9月のブランド別成績では、前年同月比17.3%減ながら7016台の新規登録を成し遂げたメルセデス・ベンツが43カ月連続での首位に輝く。続く第2位(通年では3位)には、同3.2%減の5836台を記録したBMWが2カ月ぶりにランクイン。前月2位のフォルクスワーゲンは、同6.3%減の5067台で第3位(通年では2位)に陥落した。続く第4位には、同5.5%減ながら3165台を達成したアウディが前月と同様に位置。毎月第4位の地位をアウディと競うBMWミニは、同4.1%増の2841台を成し遂げたものの第5位に甘んじた。

トップ5以外では、中堅ブランドの健闘が光った。ボルボが前年同月比0.9%増(1592台)、ジープが同5.8%増(1217台)、プジョーが同4.1%増(1047台)、ルノーが同8.7%増(759台)、ジャガーが同68.5%増(497台)、シトロエンが同32.4%増(470台)、アバルトが同5.7%増(297台)、アルファ・ロメオが同16.7%増(280台)、DSが同31.5%増(117台)、シボレーが同34.5%増(78台)の好成績を達成する。また、スポーツカーブランドの好調ぶりも目立ち、ポルシェが同4.4%増(836台)、ランボルギーニが同15.6%増(37台)、アストン マーティンが同33.3%増(20台)、ロータスが同36.4%増(15台)を成し遂げた。

一方、2018年度上半期の外国メーカー車のブランド別順位は、前年同期比7.1%減と伸び悩んだものの3万944台を達成したメルセデス・ベンツが4年連続でのトップにつく。続く第2位には、同9.4%増(2万5292台)と復調したフォルクスワーゲンがランクイン。第3位には同4.9%減(2万4460台)のBMWが、第4位には同2.8%減(1万3575台)のアウディが、第5位には同3.8%増(1万2671台)のBMWミニが入った。トップ5以外では、ボルボが同12.0%増(8725台)、ジープが同13.7%増(5701台)、プジョーが同24.4%増(4852台)、シトロエンが同40.1%増(1959台)、ランドローバーが同9.0%増(1779台)、ジャガーが同51.3%増(1667台)、アバルトが同14.3%増(1300台)、アルファロメオが同77.8%増(1289台)、シボレーが同50.0%増(441台)、DSが同8.2%増(384台)と前年同期超えを成し遂げる。

また、スポーツカーブランドではポルシェが同11.7%増(3338台)、ランボルギーニが同17.2%増(272台)、ロータスが同73.9%増(120台)、マクラーレンが同28.2%増(100台)を達成。日本ブランドではトヨタが同46.4%増(1万1509台)、ホンダが同555.3%の大幅増(7208台)を記録した。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pek*****|2018/10/05 17:43

    違反報告

    それにしてもアウディって上手くバケれたよな~。今ではメルセデス、BMW、アウディで御三家なんて言われてるけど、30年位前まではここまでの知名度やステイタスなんて無かったし、最初にクワトロシステムを発表した時には「オンロード用乗用車を四駆にして何がしたいのか」とまで言われてたのに。
  • cha*****|2018/10/05 18:49

    違反報告

    輸入車のマイナス、貢献しました。
    メルセデスです
    台風の影響で9月納車予定が10月末に伸びました。
  • vm1*****|2018/10/05 21:33

    違反報告

    格差が、広がればより輸入車が売れるけど今の経済は頭打ちだからね
    成金も減れば外車も売れない

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します