現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストン初のEV、ラピードE 航続距離、ハンドリング、静粛性を支えるピレリ

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.5

アストン初のEV、ラピードE 航続距離、ハンドリング、静粛性を支えるピレリ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

専用タイヤ アストンとピレリが共同開発

ピレリが、アストン マーティンの公式テクニカルパートナーとして、アストン初のEV「ラピードE」の開発をサポートしている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

これまでのアストン マーティンのモデル同様、ラピードEにもピレリPゼロを装着。アストン マーティンに装着されるタイヤは、一般的なPゼロとは異なり、各モデル専用に開発したモデルだ。

ラピードEに装着されるタイヤは、
・前:245/35ZR21(96Y)XL Pゼロ ncs
・後:295/30ZR21(102Y)XL Pゼロ ncs(ncs=ノイズキャンセリングシステム)
を選んだ。

タイヤの仕様は、ピレリのエンジニアとアストン マーティンのエンジニアが共同で突き詰めていく。

「新型ゼロエミッション・パワートレインを特徴とするラピードEのスタイルと性能の優秀性をパーフェクトに補完します」と説明するピレリ。

ラピードE専用に開発されたPゼロの役割は、転がり抵抗を極限まで低減させ、1回のバッテリー充電による走行距離を延長すること。

また、クルマの特性の微妙な差異を忠実に伝えること、車両特性の重要な要素であるパフォーマンスとハンドリングへの正確な応答性を両立しなければならない。

専用に最適化されたトレッドパターンは、電動モーターのトルクレベルを余すところなく伝え、フロントアクスルでは転がり抵抗の低減とウェット時の正確なドライビングを支える。注目は、静粛性の技術だ。



ノイズキャンセリングとは

ピュアEVの開発で大きなハードルとなるのが静粛性。ラピードEの装着タイヤは、タイヤのキャビティーノイズ(空洞共鳴音)を低減させるピレリ・ノイズ・キャンセリング・システムを備えている。この吸音技術は車両から発する周波数をフィルタリングし、従来のタイヤよりも高い快適性を実現するというもの。

個性豊かなアストン マーティンのモデルたち。2種類のサイズで提供されるラピードE専用タイヤも、他にはないユニークな逸品だ。その証としてサイドウォールには「A4E」のマーキングが施されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します