現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 4~9月 軽の新車販売、トップブランドは? 「2018年9月に売れた日本車」 

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.5

4~9月 軽の新車販売、トップブランドは? 「2018年9月に売れた日本車」 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q:上半期(4月~9月)の軽自動車販売、トップに立ったブランドは?

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)A:前年同期比6.8%増の28万4174台(速報値)を達成したスズキ。

    スズキ・ジムニー 欧州モデルがパリで発表 予想上回る反響、供給に危惧

ダイハツを凌駕して3年ぶりの首位に。新型に移行したスペーシアやジムニーなどが上半期の販売を牽引した。

9月の新車販売 3カ月ぶりマイナス

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会がまとめた2018年9月の全体での国内新車販売台数は、前年同月比2.0%減の48万5367台と3カ月ぶりに前年実績を下回った。

カテゴリー別では、登録車が同3.1%減の30万8324台と2カ月連続でのマイナス。一方で軽自動車は、ほぼ横ばい(39台増)の17万7043台と3カ月連続でプラスを維持した。

この結果、2018年度上半期(2018年4月~9月)の成績は、

・登録車:前年同期比1.9%減の157万7732台(4年ぶりのマイナス)
・軽自動車:同3.5%増の90万5136台(2年連続のプラス)

を記録。トータルで微増(80台増)の248万2868台と2年連続で前年同期を上回った。

市場の動きに関して業界団体の関係者は、「9月の新車販売は、軽自動車が好調を維持した一方で登録車が落ち込み、また登録稼働日が前年同月より2日少ないこともあって、3カ月ぶりにマイナスとなった。登録車については、新型車を中心に普通乗用車が伸びたものの、小型乗用車の落ち込みが響いて前年割れを記録。一方で軽自動車は乗用車と商用車ともに好セールスを維持し、前年超えを達成した」と説明。

「登録車のブランド別では、eパワー・モデルの販売が堅調な日産自動車が前年同月比3.2%増(4万1837台)、新車攻勢をかけるスズキが同15.8%増(1万1548台)、三菱自動車が同28.2%増(5065台)、ダイハツが同2.8%増(3322台)の好成績を記録。一方、北海道胆振東部地震の影響で生産ペースを落としたトヨタ自動車は同6.9%減(12万2471台)、燃費および排出ガスのデータ書き換えなどが影響してブランドイメージの悪化が長引くスバルは同7.0%減(1万2334台)と落ち込んだ」

「軽自動車のブランド別では、新型ジムニーを投入したスズキが速報値で前年同月比5.7%増(5万3657台)を記録し、2カ月連続でのトップにつく。ダイハツは第2位に甘んじたものの、成績面では同0.1%増(5万752台)とプラスを達成。OEM供給を受けるトヨタ自動車は同19.2%増(3289台)と大きく数字を伸ばした」

「2018年度上半期で見ると、自然災害や一部ブランドの検査不正の影響もあって、とくに登録車が苦戦を強いられた。一方で軽自動車は、新型車効果などで2年連続でのプラスを達成。ブランド別では、新型スペーシアや新型ジムニーの販売が好調なスズキが速報値で前年同期比6.8%増の28万4174台を記録し、ブランド別で3年ぶりの首位につく。N-BOXの好セールスが続くホンダは、同14.3%の大幅増(17万3943台)を成し遂げた」と解説する。

今後の展開については、「月販目標台数を大きく上回る受注を記録した新型車が数多くリリースされており、また自然災害からの復旧も進んでいるため、全体としてはプラスに転じる可能性は高い。気がかりなのは、登録車の小型乗用車の販売が低調なこと。ボリュームゾーンだけに、回復を期待したいところだ。また、新たにブレーキ検査などの違反が明らかになったスバルの動向も気になるところ。新中期経営ビジョン “STEP” の実施や新型フォレスターの発売などで出直しを図っているだけに、ブランドイメージの再興は今後の注目ポイントになるだろう」と分析した。



2018年9月 車名別販売台数ランキング

(日本自動車販売協会連合会/全国軽自動車協会連合会)1位 ホンダN-BOX 2万2540台
2位 日産デイズ 1万5070台
3位 スズキ・スペーシア 1万3801台
4位 日産ノート 1万3589台
5位 ダイハツ・タント 1万1858台
6位 ダイハツ・ムーヴ 1万1158台
7位 ダイハツ・ミラ 1万90台
8位 トヨタ・アクア 1万19台
9位 トヨタ・プリウス 9564台
10位 日産セレナ 9402台

11位 スズキ・ワゴンR 9004台
12位 トヨタ・カローラ 8732台
13位 ホンダ・フリード 8091台
14位 トヨタ・ヴィッツ 7626台
15位 ホンダN-WGN 7256台

商用車ホンダN-VAN 4029台

月間の乗用車の車名別ランキングでは、“軽高登低” の傾向が続いている。首位に立ったのは昨年9月に全面改良を実施したホンダN-BOXで、前年同月比16.5%減ながら2万2540台の販売を成し遂げて13カ月連続での制覇となった。

続く第2位には、同0.5%減の1万5070台を販売した日産デイズがふたつ順位を上げてランクイン。第3位には1ランクダウンながら同44.2%増の1万3801台を記録したスズキ・スペーシアが入る。軽自動車のトップ3独占は2カ月ぶりで、今年度では3回目だ。

第4位には同12.2%減(1万3589台)で1ランクダウンした日産ノートが、第5位には同1.9%増(1万1858台)を果たしたダイハツ・タントが位置。また、6月にトコットを設定したダイハツ・ミラは同15.2%増(1万90台)を記録して第7位に、9月に仕様の一部向上を行った日産セレナは同14.8%増の9402台を販売して第10位に食い込んだ。トップ10を一覧すると、登録車は4車種で、残り6車種が軽自動車。この比率になるのは、11カ月連続である。

注目の新型車の動向をチェックしていこう。6月にハッチバックモデルのスポーツ、8月にスポーツのMT車を追加したトヨタ・カローラは同57.4%の大幅増(8732台)を成し遂げて第12位に、5月に安全性能の向上など一部改良を図ったトヨタ・ヴィッツは同18.5%増(7626台)を達成して第14位に、6月末にフルモデルチェンジを実施したトヨタ・クラウンは同157.2%の大幅増(6063台)で第24位に位置。

7月にフルモデルチェンジしたスバル・フォレスターは同226.0%の大幅増(5154台)で第28位に、7月にNISMOモデルを追加した日産リーフは同1291.6%の大幅増(2811台)で第42位に、新ジャンルの小型クロスオーバーワゴンを謳って昨年12月にデビューしたスズキ・クロスビーは月販目標の2000台を上回る2699台を記録して第43位に、6月に7人乗り仕様を追加した新型3列シートクロスオーバーSUVのマツダCX-8は月販計画1200台を上回る2477台を販売して第45位に、7月にフルモデルチェンジしたスズキ・ジムニーは同44.2%増(2070台)で第49位につける。また、8月にPHEVの進化など一部改良を実施した三菱アウトランダーは同59.7%増(1509台)で第56位に、8月末にまずガソリン車を発売した新型ホンダCR-Vは938台を登録して第64位にランクイン。

注目の新型軽バンであるホンダN-VANは4029台の月販台数を記録した。

2018年 4~9月期 このクルマが売れた

2018年度上半期の車名別ランキングにも触れておこう。トップとなったのは軽自動車のホンダN-BOXで、前年同期比23.8%増の11万7100台を達成して2年連続での首位につく。続く第2位には、新型に切り替わったスズキ・スペーシアが同52.1%増の7万3606台を販売してランクイン。第3位には、同7.5%減ながら6万3303台を成し遂げた日産ノートが入った。

トップ10を一覧すると、軽自動車が昨年度より1車種増えて7車種となり、登録車は3車種にとどまる。ユーザーの節約志向および低燃費志向が依然として続いていることに加え、軽自動車全般の安全装備のさらなる拡充が、軽カー人気を高める要因となっているようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します