現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW3シリーズの新型と先代のボディサイズと室内を新旧比較!

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.4

BMW3シリーズの新型と先代のボディサイズと室内を新旧比較!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ・モーターショーでデビューした新型BMW 3シリーズは先代と較べて、全長が85mm延び、全幅が16mm拡がり、全高が1mm高くなった。にゅうと前後に延ばした感じだ。写真と図でじっくり検証してみよう。なお欧州仕様なので日本に導入される仕様とは異なる。

新型3シリーズ 全長×全幅×全高=4709×1827×1435mm
先代3シリーズ 全長×全幅×全高=4621×1811×1429mm

    復活スズキ・カタナ! 走行シーンなどなど「New SUZUKI KATANA」【ケルン・インターモト2018】

まずはフロントから見てみよう

新型 全幅=1827mm ミラー含む全幅=2068mm

先代 全幅=1811mm ミラー含む全幅=2031mm

 新型は16mm拡がった。ミラー含む全幅は37mm拡大しているが、各国の規制にあわせたものかもしれない。物理ミラーはいずれ廃止されるだろうけれど。

続いてサイドを見る

新型 全長=4709mm ホイールベース=2851mm 前オーバーハング=799mm 後オーバーハング=1059mm

先代 全長=4624mm ホイールベース=2810mm 前オーバーハング=776mm 後オーバーハング=1038mm


 ホイールベースが41mm延長され、それ以上に全長が85mm延びた。オーバーハングは前が23mm延びて、後ろが21mm延びた。

リアはどうだろう?

新型 全高=1435mm

先代 全長=1429mm

 全高は、あれ? リリースでは1mm高いと謳っているが、別の資料では6mm高くなっている。グレードによるのだろうか……。ちなみにどちらもルーフまでの高さ。

続いてトレッドなど……

新型 フロント=1589mm リア=1604mm

先代 フロント=1543mm リア=1583mm

 トレッドはフロントで46mm、リアで21mm拡大されている。

室内やオーバーハングも見てみよう

新型 前席=993mm 後席957mm

先代 前席=1023mm 後席957mm

 全体に大きくなっているなか前席の室内高が30mm低くなっている。後席は先代と同値だ。

最後は上から室内幅を……

新型 前席=1456mm 後席=1460mm

先代 前席=1451mm 後席=1458mm


 全幅は37mm拡大しているが室内はそれほどでもない。前席が5mm、後席は2mm拡大している。

 というわけで資料では全体に大きくなっているのが確認できたので、いずれ開催される試乗会の際には実車で測定してみよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します