現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ソフトバンク/トヨタ、新モビリティサービスで戦略的提携 「モネ・テクノロジー」設立

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.4

ソフトバンク/トヨタ、新モビリティサービスで戦略的提携 「モネ・テクノロジー」設立

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モネ・テクノロジー社とは

ソフトバンクとトヨタ自動車は、新しいモビリティサービスの構築に向けて戦略的提携に合意し、新会社「MONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)株式会社」を設立すると発表した。2018年度内をめどに共同事業を開始するという。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

モネは、ソフトバンクの「情報革命で人々を幸せに」とトヨタの「全ての人に移動の自由を」のふたつのビジョンを融合し、安心・快適なモビリティ社会の実現を目指すとしている。

モネの社名には「全ての人に安心・快適なモビリティをお届けする、モビリティ・ネットワークを実現したい」という両社の想いが込められている。

モネは、トヨタが構築したコネクティッドカーの情報基盤である「モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)」と、スマートフォンやセンサーデバイスなどからのデータを収集・分析して新しい価値を生み出すソフトバンクの「IoTプラットフォーム」を連携させるという。

クルマや人の移動などに関するさまざまなデータを活用することによって、需要と供給を最適化し、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を可能にする未来のMaaS事業(モビリティ・アズ・ア・サービス)を開始する。

まずモネでは、利用者の需要に合わせてジャスト・イン・タイムに配車が行える「地域連携型オンデマンド交通」「企業向けシャトルサービス」などを、全国の自治体や企業向けに展開していく予定だ。

2020年代半ばまでには、移動、物流、物販など多目的に活用できるトヨタのモビリティサービス専用次世代電気自動車「eパレット」による「Autono-MaaS(トヨタによる自動運転車を利用したモビリティサービスを示す造語)」事業を展開。

具体的には何ができる?

例えば、移動中に料理を作って宅配するサービスや、移動中に診察を行う病院送迎サービス、移動型オフィスなどのモビリティサービスを、需要に応じてジャスト・イン・タイムに届けるという。

また、将来はグローバル市場への提供も視野に入れて事業を展開するとしている。



モネ・テクノロジー株式会社の概要

代表者:
・代表取締役社長 兼 CEO 宮川 潤一
(ソフトバンク株式会社 代表取締役 副社長執行役員 兼 CTO)
・代表取締役 兼 COO 柴尾 嘉秀
(トヨタ自動車株式会社 コネクティッドカンパニー MaaS事業部 主査)
・取締役 山本 圭司
(トヨタ自動車株式会社 常務役員)
・取締役 湧川 隆次
(ソフトバンク株式会社 技術戦略統括 先端技術開発本部 本部長)

資本金等:
20億円(将来的には100億円まで増資)※資本準備金を含む

株主構成
・ソフトバンク株式会社:50.25%
・トヨタ自動車株式会社:49.75%

事業内容
・オンデマンドモビリティサービス
・データ解析サービス
・Autono-MaaS事業

事業開始時期:2018年度中(予定)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します