現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ルノー・チーフデザイナー語る プレミアムと大衆車、今後の展開 一問一答

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.4

ルノー・チーフデザイナー語る プレミアムと大衆車、今後の展開 一問一答

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー クルマの新たな使い方に沿う高級車
ー クリオのデザインはフェラーリより楽しい?

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

クルマの新たな使い方に沿う高級車

――EZアルティモは、ルノーがプレミアムカテゴリーへ進出することを示唆している?

「将来、アプリを開いて、10kmだけ乗るクルマを呼ぶ時代がやって来るでしょう。いま、シャンゼリゼでは30分だけランボルギーニをレンタルすることができます。ルノーは常に、イノベーションを大衆化してきました。ですから、高級でプレミアムな体験を広く提供することもできるはずです。たとえそれが、短時間の経験だとしても」

「豊かな生活を送るためには、必ずしも裕福になる必要はありません。このことは、わが社の価値観にフィットしたものだと思います」

――今年はEZアルティモ以前にも、EZゴーやEZプロといった自動運転コンセプトカーを発表しています。量産化に最も近いのは?

「EZアルティモは極端な例です。しかしいっぽうで、これはおそらくひとびとにとって受け入れやすく、企業としても進んで取り入れたいであろうケースでもあります。今、ホテルがロールス・ロイスを購入したりしていますよね。金額的にみれば、EZアルティモのようなコンセプトが、他より先に出てくることになるでしょう」。

クリオのデザインはフェラーリより楽しい?

――EZアルティモは、今後の市販モデルにも影響を与えますか?

「そうですね、次期クリオでは、それはないでしょうが、かなりディテールの部分まで検討しています。ライトの特徴的な形状や、ロゴ周りの処理などですね。しかしプロポーションについては、構造的な点で3台から選択することになります」

「量産車の方が、ちょっとばかり肉感的ですけれど。3つのタイプは、それぞれの分野で際立っていると思いますよ。EZゴーは非常にわかりやすく、非常にスペシャルです。EZプロでは楽しみましたし、これは対極にある存在ですね。ルノーの豊かさを示すものです」

――EZアルティモとクリオは、どちらをデザインするのがお好みですか?

「それを考えたことはなかったですね。ただ、クリオには、万人受けするクルマを造ることが求められると考えます。どこでも見かける、多くのひとびとが手に入れられるクルマですから。カーデザイナーになったのは、フェラーリをデザインするためでした。しかし、時を経てわたしも大人になりましたよ。よくできたコンパクトカーの方が好みだ、と思える程度には」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します