現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ フルEV車、ロータリー・ハイブリッド車 2020年発表へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.4

マツダ フルEV車、ロータリー・ハイブリッド車 2020年発表へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小型軽量な電動化テクノロジー

マツダが、電動化モデル2車種を2020年に発表するとアナウンスした。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

1台はフル・バッテリーEV。もう1台はロータリーエンジン・レンジエクステンダー搭載モデルである。

“ロータリーのマツダ” として知られる同社は、RX-8がラインナップを外れて以降、レシプロのみのモデル展開となっている。しかし、開発陣はロータリー・ハイブリッドの研究を続けていた。エンジンの開発を率いる人見光夫は、以前AUTOCARの取材に対し、一般的なハイブリッドよりも「ずっと、ずっと静か」と明かしている。

マツダは、ロータリーエンジン・レンジエクステンダーのメリットとして
・スモールサイズ
・高出力
という点をあげているほか、ロータリー自体が、ガソリン/LPG/水素/天然ガスに対応するため、電動化の様々なソリューションに柔軟に取り組める点を強調している。

現時点では、バッテリーEV/ロータリー・ハイブリッド搭載車ともに、新型車としての登場になるのか、既存モデルへの追加車種になるのか言及されていない。

2030年には全てのラインナップが、電動化モデルになると発表したマツダ。そのうち95%がいわゆるハイブリッド車、残りの5%がフルEVになると想定している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します