現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストン マーティン・ヴァルキリー エンジン音を公開 コスワース製6.3ℓV12

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.3

アストン マーティン・ヴァルキリー エンジン音を公開 コスワース製6.3ℓV12

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター上でサウンド公開

アストン マーティンはヴァルキリーに搭載されるコスワース製の6.3ℓV12エンジンのサウンドを初公開した。

    アストンOne-77やフォードGT 生産の立役者、マルチマティック副社長インタビュー

アンディ・パーマーCEOはこのエンジンサウンドを収めたオーディオクリップをツイッター上に公開した。これはロードカーに搭載される自然吸気エンジンとしては世界最高出力となる。パーマーはこれを「英国の素晴らしい自動車メーカーのサウンド」と説明している。これはコスワースでのダイノ上で収録されたようだ。

The sound of “THE” GREAT British car company! Thank you @Cosworth @redbullracing #AstonMartinValkyrie #NaturallyAspirated#V12 pic.twitter.com/HmEICj29uH

― Andy Palmer (@AndyatAston) 2018年10月3日

このエンジンの仕様について、コスワースが8月に簡潔にツイートしていた。このツイートはすぐに削除されたが、ロード・アンド・トラック誌によって捕捉されていた。F1にインスパイアされたエネルギー回生システムにより、その最高出力は1146psに達するとのことだ。

ヴァルキリーが前回公の場に登場したのはテニスプレイヤーのセリーナ・ウィリアムズとのプロモーション撮影の時であった。この時はじめてヘッドライトの点灯状態が確認された。当時、ヴァルキリーは90%程度完成状態にあるとスポークスマンは話した。残りの10%はエアロダイナミクスの調整および灯火類などの法規適合に関するものと見られている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します