現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW ミニとロールス・ロイス工場を一時閉鎖へ 英EU離脱直後

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.3

BMW ミニとロールス・ロイス工場を一時閉鎖へ 英EU離脱直後

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー EU離脱時の物流障害に備える
ー 離脱後も英国からの撤退なし
ー 生産設備のアップデート兼ねる

    ミニの将来 方針転換か BMWと長城汽車の提携が鍵

EU離脱時の物流障害に備える

BMWは英国のEU離脱における不透明感を理由に、2019年3月29日以降オックスフォードのミニ工場とグッドウッドのロールス・ロイス工場を一時閉鎖すると発表した。

ミニ工場はBMWが英国に展開する最大の工場であり、4000人程度の従業員を擁する。これをブレクジットによるリスクを考慮し、数週間にわたって閉鎖するとのことだ。ロールス・ロイス工場も同日から2週間程度に渡って閉鎖される。

ミニ工場は通常夏にメンテナンスのため閉鎖されるが、来年はそれを4月に移すとのことだ。これはブレクジットによる物流障害の可能性に対処するためと考えられている。

ロールス・ロイスは次のような声明を発表した。「ハード・ブレクジットやそれによる混乱が発生する可能性は低いと考えています。しかし、責任ある企業としてもっとも困難な状況を想定して準備しなければなりません。われわれの決定は事業の最適化および従業員とお客様の利益に叶うよう下されています」

離脱後も英国からの撤退なし

「この工場閉鎖は必要なカリナン生産初年度に必要なメンテナンスと再調整を兼ねるものです。また、2019年3月29日に英国がEUを離脱することによるサプライチェーンの遅延に対処できるよう計画されています」

以前BMWグループの通関責任者であるステファン・フレイスマスが「われわれは常にあらゆる状況に対処できるよう準備していますが、もしサプライチェーンが国境で止められるようなことがあれば、われわれは英国での生産を続けることができません」と述べた。しかし、これはのちにBMW UKのイアン・ロバートソンCEOが否定している。

ロバートソンはBMWが英国のEU離脱後も工場を閉鎖することはないと説明した。「われわれは英国での事業と従業員を守らねばなりません」と語った。

オックスフォード工場は世界110カ国に向けたミニを生産している。BMWグループのハラルド・クルーガーCEOは、オランダでもミニを製造していることに触れた。もし不利な条件でのEU離脱となった場合、その生産の一部をオランダに移す可能性もある。

生産設備のアップデート兼ねる

ジャガー・ランドローバーのラルフ・スペッツCEOも以前、ブレクジットと反ディーゼルの潮流により英国内の生産工場での雇用が失われる可能性を警告した。

BMWは次のような声明を発表した。「BMWグループの生産施設における年次メンテナンスは数週間をかけて生産設備のアップデートを行うものです。この間、車両の生産は行われません」

「われわれはオックスフォードのミニ工場のメンテナンスを英国のEU離脱直後の4月1日からと予定しています。責任ある企業として、短期的なサプライチェーンの遅延に対処できるようにするためです」

「最悪のシナリオが現実になる可能性は低いと考えていますが、準備はしなければなりません。英国はわれわれの3ブランドすべてを生産する唯一の国であり、今後もこの地での事業を継続して行きます」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します