現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ミニ ディーゼル廃止 グレード構成も簡略化へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.3

ミニ ディーゼル廃止 グレード構成も簡略化へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 装備別グレードを設定
ー ネット販売もスタート

    メルセデス・ベンツBクラス新型 プレデター顔に Aクラスの影響強く

装備別グレードを設定

ミニのグレードやオプションの名称は独特で、初めて買おうとするユーザーなどミニに馴染みのないユーザーには、それが意味するものを把握しづらいところがあった。また、オプションはパック販売が多く、その内容がわかりにくく、車種によって価格が違うことも見られた。

たとえば、BMW傘下で再出発して以来、長く設定されてきたチリ・パックやペッパー・パックといったパッケージオプションは廃止され、標準装備をグレードアップ。また、同じオプションアイテムは、装着するモデルを問わず同じ価格で提供されることとなる。

ミニを買おうと思ったら、まずはボディタイプを選ぶことになる。3ドアか5ドアのハッチバック、コンバーチブル、クラブマンかカントリーマン(日本名はクロスオーバー)だ。次にエンジン。1.5ℓガソリンはワンとクーパーの2仕様で、2.0ℓガソリンはクーパーS、さらにクラブマンとカントリーマンでは2.0ℓ直4ディーゼルのクーパーDも選べる。

これに加え、新設定されたのが、パワーユニットとは関連性のないクラシック/スポーツ/エクスクルーシブの3グレードだ。クラシックはエントリーグレード、スポーツはジョンクーパー・ワークスのボディキットやスポーツサスペンション、バケットシートを装備、エクスクルーシブはレザーシートなど高級装備を与えられた最上級トリムとなる。

ネット販売もスタート

パッケージオプションも、よりわかりやすい一般的なくくりとなる。コンフォートはエアコンやシートヒーター、駐車センサーなどがセットで、コンフォート・プラスに格上げするとリアビューカメラなどが加わる。ナビゲーション/ナビゲーション・プラスは、インフォテイメントやコネクティビティに関するアイテムをまとめたもので、ドライビング・アシスト・パッケージは安全装備関係。実にわかりやすくなった。

パーソナライゼーション関連のオプションは、相変わらず多彩に揃っている。とはいえ、今回の整理によって、ディーラーは在庫を持ちやすくなり、納車待ち期間が短くなることが見込まれる。

現行コンバーチブルに設定はないディーゼルだが、3ドアと5ドアのハッチバックからも廃止される。あわせて、高性能版ディーゼルのクーパーSDは、ラインナップから消滅することとなった。

ディーゼル離れは最近の流れだが、もはやコンパクトカーのディーゼル車にほとんどニーズがない事実が、今回の決断に踏み切った要因といえる。また、新たに導入されたWLTPのエミッションテストは、代表機種ではなく各スペックの全モデルがクリアする必要があるため、車種を減らせばそれだけ手間暇や費用が減らせるという目論見もあるだろう。

価格体系は、各モデルともクラシックのプライスが最低ラインで、上位グレードのスポーツとエクスクルーシブが同額という設定に統一される。さらに、販売方法にも改革のメスが入る。ウェブサイト経由での発注が11月1日から可能になり、これに対する最初の納車は来年1月となる見込みだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します