現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランドローバー・ディフェンダー 初の公道テスト目撃 大小2種のボディ

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.3

ランドローバー・ディフェンダー 初の公道テスト目撃 大小2種のボディ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 公道テストを開始
ー 電動パワートレインも
ー 衝撃的なオフロード性能
ー 2種類のホイールベース

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

公道テストを開始

新型ランドローバー・ディフェンダーの公道テストが初めて目撃された。4×4の新型は2020年に発売予定だ。

ジャガー・ランドローバーの工場近くでカモフラージュを施してテストしていた。パリ・モーターショーでこの画像についてマーケティングチーフのフェリックス・ブラウティガムがプロトタイプの存在を認めた。生産開始が近づくにつれ、さらに多くのプロトタイプを投入するとのことだ。

「これらはわれわれがパイロットビルドと呼ぶ車両たちで、今後公道での目撃が増えるでしょう」と彼はいう。「最初の4台はすでに準備が完了しており、今後もテストカーが急速に増えて行きます」

「ご想像の通り、ディフェンダーはまもなく世界各地での試験が行われます。スウェーデンのアリエプローグでの寒冷地テストや米国デスバレーでの高温試験などが予定されています。われわわれはこのディフェンダーを単なる1台ではなく、ファミリー全体のアイコンとして捉えているのです」

「われわれのブランドの特徴は情熱です。その情熱の元となるのがこの象徴的モデルです。他のプレミアムブランドの真似をしていても仕方ありません。このアイコンこそがわれわれのランドローバーたる所以なのです」

電動パワートレインも

ブラウティガムはディフェンダーが2016年に販売を終了してから時間が経過していることを好意的に考えているようだ。そしてガソリンやディーゼルに加え電動パワートレインを追加する方針を示した。

「今までのクルマを作り直すと考えていたら、もう少し素早い動きが可能だったでしょう。しかし、われわれはアイコンとは過去ばかりを振り返るのではなく、未来を見据えたクルマであるべきだと考えます。ディフェンダーが再びゲームを動かすにあたり、幅広い視野を持つことが大切なのです」

「ひとつわたしが約束できることは、ディフェンダーが顧客が望むすべてのことを実現するということです。ただし、過去のコピーではありません。現代に合ったクルマで再びゲームのコマを進めるのです」

ジャガー・ランドローバーのスポークスマンは当初この画像へのコメントを拒否した。しかしその発売時期について問われると「われわれは世界中のお客様に対し、2020年から時期型ディフェンダーの納車を開始します」と答えた。

衝撃的なオフロード性能

DVLAのデータベースによれば、われわれのスパイショットで目撃されたナンバープレートの車両は2.0ℓディーゼルエンジンを搭載しているようだ。

この画像が公になる前、パリ・モーターショーにおいてJLRのラルフ・スペッツCEOはすでにディフェンダーのプロトタイプを運転したと明かした。彼はそのオフロード性能について「衝撃的」としている。

スペッツは「ディフェンダーがわれわれの象徴的存在であることは明らかであり、必ず再登場します。テストカーに試乗し、大変な興奮を覚えました」と付け加え、このディフェンダーが来年発表されることを示唆した。

「具体的な時期は言えませんが、その時は確実に来ます。生産中止の決定は非常に残念でしたが、将来に向けた生産設備への投資のためやむを得ないものでした。そしてついに復活への準備が整ったのです」

2種類のホイールベース

われわれの撮影部隊が捉えたスパイショットの1枚では窓が開いており、そのドライバーが確認できた。ジャガー・ランドローバーの製品開発を統括するニック・ロジャースのようであった。

新型ディフェンダーは2種類のモデルが用意されるようだ。ひとつは「90」のバッジが取りつけられたショートホイールベース、もうひとつはより大型の「110」だ。この2種類のホイールベースは、ベーシックな実用車からハイエンドモデルまでランドローバーのすべての車両に適応するとのことだ。

開発コードネームL663と呼ばれる新型ディフェンダーは以前にも寒冷地でのオフロードテストが目撃されている。しかし、公道でのテストが捉えられたのは初めてのことだ。JLRは具体的な時期について口を閉ざしているが、来年夏ごろに発表、2020年初頭に納車が開始されると予想されている。

公道テストが開始されたことから、今後度々そのテストカーが目撃されることになるだろう。新型は「そのバッジを付けるにふさわしい幅広い能力」を持たせることを目標としており、その価格は4万ポンド(590万円)から7万ポンド(1033万円)になるようだ。

先代ディフェンダーが2016年1月に生産を終えて以来、JLRはその後継車開発を進めて来た。初代ランドローバー・シリーズ1は70年前の1948年に登場した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します