現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ、新エンジン「SKYACTIV-X」搭載車を11月に米国で初公開…丸本社長が表明

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.2

マツダ、新エンジン「SKYACTIV-X」搭載車を11月に米国で初公開…丸本社長が表明

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダの丸本明社長は10月2日、「HCCI」(予混合圧縮着火)という燃焼方式を採用した新開発ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載したモデルを、11月下旬に開かれる米国のロサンゼルスモーターショーで初公開する計画を示した。

都内で同日開いた、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づく電動化計画などの記者会見とその後の囲み取材で明らかにした。マツダはSKYACTIV-X搭載車を2019年に発売する計画であり、同モータショーでは具体的なモデルを提示する。

    第29回メディア4耐にカービューも参戦 今年も表彰台となるか!?

SKYACTIV-Xの第1弾となるこのエンジンの排気量は2.0リットルとなる見通しで、搭載モデルは『アクセラ』(海外名は『Mazda 3』)が有力だ。高い燃費性能が特徴で、その諸元なども公表される見込み。

丸本社長は会見でSKYACTIV-Xについて「次世代ガソリンエンジンであり、マツダが考える理想の内燃機関の実現に向け、開発を進めている」と述べた。SKYACTIV-Xは、一部でスパークプラグによる点火も行うが、燃焼の大部分はディーゼルエンジンのように圧縮着火で行う。

HCCI技術による量産エンジンの実用化は、世界初となる。ただ、低温時など一部の条件下ではプラグの火花で点火させる方式としているため、同社はこの技術を「SPCCI」(火花点火制御圧縮着火)と呼んでいる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 池原照雄)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • com*****|2018/10/02 22:25

    違反報告

    マツダの技術力の高さを見せつける時がきたか。
    どこのメーカーも開発出来なかった事をアッサリとやってのけるマツダは凄い。
  • oku*****|2018/10/03 20:38

    違反報告

    エンジンの写真を見てみると・・・人見さんが頑なに嫌っていた過給をやっているね。
    しかも、ターボではなくスーパーチャージ。
    HCCIエンジンは高負荷では運転が安定するが低負荷での安定燃焼が問題で、その解決の為に過給が必要とされるエンジン。その過給に普通はターボを使うが今回はスーパーチャージャーを使っている。よっぽど低速から過給したかった訳だ。つまり、高速回転でのパワーは出ていないという事だ。燃費良し、低速トルク良し、高速はまあまあのエンジンだ。 
    走って楽しいエンジンかどうか、少し心配だ。
  • hia*****|2018/10/03 22:52

    違反報告

    田舎者の私は6台ディーゼル車(イスズ直噴、RD28、1KZ-TE、M9Rなど)に乗り継いでいるが、真のディーゼル好きはそこまで振動、騒音を気にしていません。むしろ、、、。
    1.5L税金上等!と思っています。
    マツダさん、1気筒当たりの容積確保なら3000/4=500 500*3=1500でスス対策出来ませんか?
    欲を言うなら短くなったエンジン長で縦置き、余った1つのインジェクションは、オイルを薄める排気行程噴射ではなくDPFに前直接噴霧でオイル粘度保持。シャシーはロードスターのシャッキリ版をリフトアップで日本版CX-4って無理ですか?

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します