現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > イーロン・マスク、テスラ会長退任へ 証券詐欺収束のため

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.1

イーロン・マスク、テスラ会長退任へ 証券詐欺収束のため

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー マスク、テスラともに2000万ドルの罰金
ー CEOの座は維持

    イーロン・マスク テスラ株の非公開化を検討 「長期的な環境づくりのため」

マスク、テスラともに2000万ドルの罰金

テスラの創業者であるイーロン・マスクは株式非公開化に関する詐欺の疑いについて米国証券取引委員会(SEC)に対して2000万ドル(23億円)の罰金を支払うとともに、テスラ会長を退任した。テスラにも同額の罰金が課せられたが、彼はCEOの座にはとどまる意向だ。

SECは、「テスラ株を420ドルで非公開化する。資金も調達済み」という内容のマスクのツイートを問題視している。SECによれば、実際にはその資金は確保されていなかったとのことだ。

このツイートにより、テスラの株価は急上昇した。SECは「重大な市場の混乱を引き起こした」としている。また、テスラがマスクのツイートの真偽に関する情報を提供しなかったことも問題だとのことだ。

マスクは当初SECの提訴について「不当だ」としていた。しかし、今になって和解が成立したという。この和解条件のなかで、マスクがテスラの会長を退任し、新たに独立した会長を据えることが含まれていた。マスクは今後3年間にわたって会長職を務めることが禁じられている。

テスラは新たにふたりの社外取締役を選任することに同意し、新設の第三者委員会がマスクの言動を監視することになる。この和解において、マスクは投資家を欺いたことについて否定も肯定もしていない。

CEOの座は維持

多くの報道では、SECが提訴した段階ではマスクとテスラの両者が和解に応じない方針を示していた。また、現段階ではどちらからも正式なコメントは発表されていない。

マスクはCEOとして今後も会社運営に関わることになるが、新会長や取締役会からの監視が強化されることは確かだ。テスラの筆頭株主であるマスクは取締役として残り、彼の後継者選定にも影響を及ぼすだろう。

SECはマスクをCEOの座に残すことにより、マスク抜きでのテスラの今後についての投資家の懐疑心を払拭することが狙いと見られている。今回の4000万ドル(46億円)の罰金は実質的にテスラの投資家らが均等に負担することになる。

SEC執行部の副部長、ステファニー・アヴァキアンはいう。「今回の和解案は、投資家たちを守るためテスラの企業統治および監視体制を見直すことを目的に作られました。さらなる市場の混乱やテスラ株主への影響を避けなければなりません」と話す。

CNNによれば、米国司法省もマスクのツイートが違法行為にあたらないか捜査中だという。SECはテスラの生産目標問題についても別件で捜査を進めている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します