現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マクラーレン600LT試乗 570Sより100kg軽量化 675LTから3年分の進化

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.1

マクラーレン600LT試乗 570Sより100kg軽量化 675LTから3年分の進化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

マクラーレン600LTをハンガロリンクで
ー 570Sから100kgもダイエット
ー ライバルを寄せ付けないコーナリングマシン
675LTから600LTへの進化
ー スポーツシリーズがベースのLTモデル
ー ベストを組み合わせた600LT
ー 購入するならお早めに

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

マクラーレン600LTをハンガロリンクで

570Sから100kgもダイエット

新しいマクラーレン600LTをサーキットでテストさせてくれたことは、非常に興味深い体験だった。しかし、マクラーレンが公道ではなく、サーキットのみでの走行と制限したということは、われわれが実際に街中で目にするまでには、もう少し時間を要するということでもある。ハンガロリンクでの印象に関していえば、かなり素晴らしい仕上がりではあったけれど。

基本的な情報に関しては、7月に触れているとおりだが、改めて確認しておこう。3.8ℓのV8ツインターボはチューニングを受け、570Sが搭載する570psからパワーアップし、600psを獲得している。サスペンションは締め上げられ、エグゾーストパイプはリアデッキ上に顔を出す。そのため、固定式のリアウィングは、排気ガスの高温に耐えられるよう、耐熱コーティングがなされている。

600LTで、さらに目を引くのが軽量化。エアコンとオーディオを諦め、マクラーレン・セナに採用されている軽量なカーボンシェルを持つシートに置き換えるなどで、570Sよりも100kgもダイエットしている。

しかし、オーナー次第で変更はできる。プロダクト・マネージャーのトム・テイラーによれば、すでに顧客のひとりがエアコンレスで注文を入れているそうで、本当にエアコンレスで良いのか、確認する予定だという。例えエアコンとオーディオを搭載したとしても、既に充分軽量なクルマが80kgもさらに軽く仕上がるというのだから驚きだ。

今回の舞台、ハンガリーのハンガロリンクがオープンしたのは1986年。当時は社会主義国で、共産圏では初の国際規格のサーキットだった。全長4.384kmで、ツイスティで路面は荒れ、高低差もかなり大きい。チャレンジングなコースで、600LTを確かめるにはピッタリの場所だと思う。タイトなサーキットでは、675LTの方に分があるのではないかと、予想している。

まずは570Sに乗る。表向きはコースの習熟走行ということだが、主要なアーキテクチャを共有する2台の走りがどのように異なるのか、デモンストレーションすることも兼ねているはず。パワーの少ないクルマであっても、予想通り速く緊張感があり、敏しょうだった。紛れもなくマクラーレンではあったが、600LTに乗り換え、コーナーをふたつほど曲がった段階で、まったく別物なことがわかった。

ライバルを寄せ付けないコーナリングマシン

コーナーはまさに、600LTの真価の見せ所。自然な挙動で、熱狂させるかのように、エイペックスを縫っていく。ピレリPゼロ・トロフェオRは、まるでレースタイヤのように、表面温度が上がると強力に路面に張り付く。しかし、クルマと格闘するような印象はない。マクラーレンのモデルすべてに共通することながら、ステアリングは軽い。重さの増加はリニアで、それに合わせてスウェードが巻かれたステアリングホイールのフィードバックも増えていく。

乗り心地は明確に硬いが、急な衝撃が加わるようなサーキット脇の縁石に乗り上げても、ダンパーはボディをピタリとコントロールする。しかも、固定式のリアウイングと延長されたディフューザーによって、250km/h時のダウンフォースは100kgも増えている。しかし、マクラーレン・セナのような、際限のない印象とも異なる。スロットルレスポンスは外科用メスのようにシャープ。ピットレーンを助走している時の、低回転域ではエンジンはややもたつく印象があるが、コースに出てしまえば、アクセルペダルは一気に敏感になる。

限界領域であっても、運転が難しくなることはないが、電子制御の効きは殆ど感じられない。といっても、電子制御の存在を隠しているクルマとは異なる。スタビリティコントロールの制御がオンの状態でも、クルマの姿勢を整えるのはドライバーの責任として、最後まで存在している。コーナリングスピードが遅すぎるとアンダーステアを招き、スロットルを開けるのが早過ぎたり急過ぎると、リアが流れ出してしまう。トラクションコントロールは、その挙動を穏やかにしてくれるだけだ。

走りのカギは、カーボンセラミックブレーキを採用していること。ペダルの踏力がシッカリと伝わり、クルマの向きを変えるサポートをしてくれる。クルマはエイペックスめがけて弧を描き、怒涛のパワーを解き放つタイミングを作ってくれる。

発進加速は、675LTの弾かれるような振る舞いではない。ラップタイムを削るというよりも、タイヤスモークを上げたドリフト走行を楽しむような、遊びを持った性格だと感じる。サーキットでは、価格を超えてライバルを寄せ付けない、コーナリングマシンと化す。加えて675LTに引けを取らないエキサイティングさも持っている。きっと一般道でも、夢中になるドライビングを提供してくれるに違いない。

675LTから600LTへの進化

スポーツシリーズがベースのLTモデル

今回、600LTが素晴らしい走りを披露してくれたが、事前にわれわれは600LTのプロトタイプに触れる機会を得ていた。プレス発表に先駆けたもので、その時は2015年に発表された675LTも一緒に並び、600LTの運転は許されなかった。しかし、たとえ助手席からでも、この2台の関係性が深く、675LTからの3年間でモデル戦略が変化していることは明確だった。

スーパーシリーズの675LTがマクラーレン・オートモーティブの歴史の中で、主な道標になったことは間違いないだろう。675LTは、マクラーレン12Cや650Sとは、差別化しようとしている節があった。両者ともに、極めて高速なドライビングを可能とするために開発されたものの、最大のライバルには、感情へ訴えかけるような側面では、及ばない部分があったからだ。

しかし、2015年に発表された675LTクーペは、驚異的なレスポンスと、サーキット走行にフォーカスした、過激なパフォーマンスを得ていた。当時のライバルは突然、贅肉を付けたたるんだクルマになってしまった。市場の反応は確かなもので、500台のクーペを販売した後、500台のスパイダーも売り切っている。675LTの成功が、レースを視野に入れたその後のLTモデルづくりに影響しているが、スーパーシリーズではなく、廉価版のスポーツシリーズをベースにしたLTモデルが登場したことは驚きだ。

紙面上では、オプションを装備しない価格は18万5500ポンド(2671万円)。従来モデルが25万9500ポンド(3736万円)だったことを考えると、バーゲンプライスにさえ思える。反面、スポーツシリーズをベースとしていることもあり、675LTが備えていたボディロールを抑える油圧サスペンションやアクティブエアロは備わっていない。

スポーツシリーズのプロダクトマネージャーを務めるトム・テイラーは「今回、上向きのエグゾーストに挑戦する事ができました。ルックスが素晴らしいだけでなく、より大きなディフューザーを装備する空間も生み出しています」と話す。

675LTと600LTとをじっくり比較してみると、面白い違いに気づく。600LTは675LTよりもややボディサイズが大きい上に、リアウイングのデザインもより積極的な形状になり、リアバンパーギリギリまで伸ばされている。675LTの車内は、ダッシュボード中央のタッチスクリーンを除いて殆どがアルカンターラで覆われ、600LTよりも、想像以上にベーシックな雰囲気。また、マクラーレンが製造した中でも数少ない、エアコンのつかないクルマでもあった。

ベストを組み合わせた600LT

また洗練性の面でも、改めて乗ってみると、さほど優れたものではなかった。決して試乗した日が残暑の酷い晩夏だったからではないと思う。

公道では体の芯まで揺さぶられるほど675LTの乗り心地は硬く、クルージングスピードでさえ、車内はエンジンノイズで満たされる。たとえ乾燥した舗装路であっても、スロットルを大きく開けると、リアタイヤはグリップを失い、スタビリティコントロールのお世話になってしまう。サーキットでは極上な仕立てなのだとはわかるが、一般道では厳しいクルマだ。

生産ラインのディレクターを務めるダレン・ゴダードのドライブで、600LTの助手席に座ると、675LTからの3年間の成果がよく理解できた。プロトタイプはエアコンレスの状態だったが、675LTほど疲れるクルマではなかった。イングランド南東部のサリー州の道でさえ、スッポーツシリーズのシャシーとパワートレインは、ずっと文化的な乗り心地を得ていることは明確。最も穏やかなドライビングモードを選択しておけば、普通に会話もできる。

「発端は、3台のモデルのベストを組み合わせることでした」とゴダードが話す。「LTモデルの操作感やサウンド、一体感と、570Sの俊敏性、720Sの安定感とステアリングフィール。リアアスクルは、720Sのものをほとんど流用しています。その方が安心です。675LTがじゃじゃ馬だったとまではいいませんが、この600LTはずっと素直です」

このとき、わたしは675LTの発表会で、シルバーストン・サーキットを走行していたとき、スピンしてしまったことを打ち明けた。ゴダードは笑う。そして質問してみた。600LT以上に570Sを良くするのに、その差額、36500ポンド(525万円)以下で可能かどうか。

「快適性をいくらか犠牲にすれば、可能かもしれません。大切な部分を失うことはないとは思います。けれど、もしお金があるなら、わたしはLTの方を選ぶでしょうね」

購入するならお早めに

マクラーレンとしては、600LTは限定生産モデルだと強調したいところだが、その限定される生産台数に関しては明示していない。実際のところ、レギュラーモデルのクーペ、スパイダー、GTなどと生産ラインを調整しながら、1年間の限定で生産されることになる。昨年は2000台を超えるスポーツシリーズ・モデルを生産しており、600LTの生産台数が1000台を超えることも、充分に考えられる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN マイク・ダフ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します