現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディSQ2公開 2.0ℓで300ps パリで正式発表へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.29

アウディSQ2公開 2.0ℓで300ps パリで正式発表へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー S3と共通エンジン 0-100km/hは4.8秒
ー 運転支援装備多数 RSも追って登場か

    新型アウディQ3、なぜ大型化? デザイナーQ&A 「Q2との違い強調」

S3と共通エンジン 0-100km/hは4.8秒

アウディはホットSUV「SQ2」のパリ・モーターショーでの正式発表を前に、その全体像を公開した。

アウディS3と共通の2.0ℓ4気筒ターボエンジンを搭載する。これはフォルクスワーゲン・ゴルフRやTロックR、それにセアト・レオン・クプラRに搭載されているものと血縁関係にある。さらにアウディ製のクワトロシステムとDSGが標準で搭載される。

ゴルフRと同じく40.8kg-mを発揮し、0-100km/h加速は4.8秒とのことだ。この加速タイムは同じくパリでの発表が予定されるBMW X2 M35iのそれよりも0.1秒速い。両車ともに最高速度はリミッターにより250km/hに制限されている。

スタンダードなQ2との識別点はリアの4本出しエグゾーストや、よりアグレッシブなボディキット、それにリアスポイラーなどだ。さらに車高は20mm低められ、18インチまたは19インチのホイールを装着する。

運転支援装備多数 RSも追って登場か

内装に関していえば、ブラックのヘッドライナーおよび同色のレザーとアルカンターラのシートが装備される。シートには「S」のロゴが刺繍されるほか、サイドサポートが増強されている。ダッシュボードにはアウディのバーチャル・コクピットがオプションで用意されている。プレミアム・サウンドシステムは標準装備だ。

アダプティブ・クルーズコントロールや渋滞時の走行支援機能が搭載され、64km/h以下でステアリング操作や加減速を自動で行うことができる。

価格については明らかにされていないが、今年中に予定される受注開始前に発表されるだろう。納車開始は2019年に入ってからになる見込みだ。予想英価格は3万5000ポンド(519万円)程度になり、エントリーグレードのQ2より1万5000ポンド(222万円)程度高いだろう。

SQ2の登場により、アウディのラインナップの中で「S」が設定されていないのはEトロン、A7、A8そして新型Q3のみとなった。さらに今後RS3と同じ367psの5気筒エンジンを搭載するRS Q2も登場が見込まれている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yam*****|2018/09/29 09:58

    違反報告

    こりゃ安い!!
  • qui*****|2018/09/29 13:02

    違反報告

    クワトロに2Lターボ、0-100 4.8秒ってマジか。
    昔のエアトレック ターボRを思い出す。
    相当速いなぁ…
    500万円台だったら欲しいくらい。
  • coo*****|2018/09/29 16:25

    違反報告

    さすがアウディだね。
    ハイパワーな車、Goodだわ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します