現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ935、現代に復活 911 GT2 RSがベース 77台限定 画像13枚

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.28

ポルシェ935、現代に復活 911 GT2 RSがベース 77台限定 画像13枚

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 77台限定 ホモロゲ取得無し
ー 過去のレースカー譲りのパーツ多数
ー ポルシェ・モビー・ディックの伝説

    『ポルシェ935レースカー』すべての画像をみる

77台限定 ホモロゲ取得無し

ポルシェはその80周年を記念し、935と呼ばれる700psのレースカーを限定生産する。これは1970年代にル・マン24時間レースで活躍したマシンへのオマージュとなる。「ポルシェ・モータースポーツから世界中のファンへのバースデープレゼント」と説明している。

オリジナルの935と同様、911をベースに多くの改良を施している。今回の場合は911 GT2 RSだ。

ラグナ・セカで行われたレンシュポルト・リユニオンで発表されたこのクルマは、1978年にル・マンで戦った935/78を思い起こさせるロングテールと大型のリアウイングを特徴としている。

この935は77台生産されるが、レース向けのホモロゲーションの取得は目的としていない。ポルシェのモータースポーツ担当副社長であるフランク-ステファン・ヴァリサーは「ホモロゲーション用ではないため、デザイナーやエンジニアはルールに縛られることなく設計ができました」と語った。

過去のレースカー譲りのパーツ多数

リアが延長されたことにより、そのボディの全長は4.87m、全幅は2.03mとなった。また、935/78と同様、空力対策のホイールキャップが装着されている。

そのほかにも、919ハイブリッドのようなリアウイング、911RSR譲りのサイドミラー、1968年型908のようなチタン製テールパイプなどが特徴だ。

935に搭載されるエンジンは911 GT2 RSと同じ700psの3.9ℓ6気筒ツインターボだ。7速ギアボックスを介して後輪を駆動する。LSDをはじめ、トラクションコントロールやABSなどが装備されるが、必要に応じてオフにすることもできる。

市販される77台の価格は税抜き70万1948ユーロ(9328万円)とされ、2019年6月以降に納車される。

ポルシェ・モビー・ディックの伝説

初代935はグループ5への参戦を目的とし、1976年に登場した。これは「シルエット」カーのカテゴリーであり、各メーカーは市販車に似たルックスのレースカーを製作していた。

935は最初のバージョンでもある程度洗練されていたが、エンジニアのノルベルト・ジンガーによって開発が続けられ、翌年の仕様では空力が改善された。さらにその次の年にはそれを進化させ、ル・マンのミュルザンヌ・ストレートでの整流のため、「ホエール・テール」と呼ばれる形状を手に入れた。

非常に有名なクルマではあるが、この935/78「モビー・ディック」は1978年のシルバーストン6時間耐久で勝利を収めたのみであった。ル・マンでは燃費の悪さや技術的な問題により苦戦した。

すべてのバージョンの935を合わせると、100戦以上で勝利を収めている。ワークス仕様の935はル・マンで勝つことはできなかったが、カスタマーチームのクリーマーは1979年に955K3で勝利を収めている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します